沖縄旅行 戦利品と次回に向けて

沖縄旅行戦利品↓

沖縄旅行 戦利品

自分用とお土産用の品々が入り混じっているので全部が自分の物じゃないけれど、そこそこ買った感あり。

黒の水玉手提げ袋は妹ハミちゃんが作ってくれた品。

今回の旅行に向けLINEで3人のグループ(グループ名:ダイナマイト観光)を作ったので、

「ダイナマイト観光バッグ」をお揃いで作ってくれたの。

買物に使ってヨシ、洗濯物を入れてもヨシ。今回のダイナマイト観光の特典付録的な(笑)

今回は活躍の場がなかったけど、今後大活躍の予感。

しーさんも大喜びでした。

 

改めて見てみると前回の沖縄旅行戦利品とダブって買ってるのもあるな…。

まぁ、私個人の本質が変わっていないので、同じ物に手が伸びるのね。

昨年、Amazonでさんぴん茶買ったけど、やっぱり買ってきたら良かったかも。

 

塩屋でくれたリーフレットに掲載されていたこれ↓とか作ってみたい。

これやってみたい

塩は職場用にも小分けして常備しましたが、紙面にある「オリーブオイルと酢を振りかける」という言葉に心惹かれる。

自分の弁当生活アイテムに職場用オリーブオイルと酢を常備しようかなと思い始めてます。

どちらも常温で保管することができるから悪くないかもしれない。

妹ハミちゃんの夫おひーさんは職場にオリーブオイルと塩を常備していると聞いていたので、

これを読んで「おひーさん、やるわね」と思ってしまいました。

 

改めて沖縄旅行の手作りグラス↓

愛着わくわー

サービスで箸置きも頂きました。

端じゃなくてペンを置くのに使っても良いかもしれない。

いびつな形に仕上がっても、自分で作った品は愛着が湧くわー。

 

今回の沖縄旅行も楽しかったなー。

次に沖縄へ行けたら何をしたいか考えてみた↓

 

【次回の沖縄旅行に向けて】

・せんべろを満喫してハシゴ酒

 帰ってきてから思い出したけどげんこつチューチューもしたかったんだ!

・地元スーパーや道の駅を制覇する

・浜辺に接近

・魚介類は地元が美味いのだけれども地域限定の魚介類に手を出してみるか?

・離島も良いよね

・移設後の公設市場へ行きたい

・ファミマの地域限定商品を再確認

・沖縄おでんを食べてみるか?

・行けなかったA&Wに行ってみるか?

・道内にはないくら寿司に行ってみるか?

・沖縄そばの食べ比べ

・世界遺産巡り

・次もやっぱり行くと思うよ沖縄美ら海水族館

 

は、早くもてんこ盛りだ(゚д゚)!

地元の方&沖縄リピーターの「〇〇もお勧めよ!」というアドバイスも絶賛受付中(笑)

 

ということで今回の沖縄旅行シリーズ完結です。

お付き合いいただき、ありがとうございました('ω')ノ

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
本日は母ケイコのお誕生日!

お母さんお誕生日おめでとうございまーす('ω')ノ

いつかお母さんも沖縄に連れて行ってあげたいねーえ

  

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(4), -, -

沖縄に行ってきました(5)公設市場からの帰道

【沖縄旅行:5日目】

 

悲しいかな最終日。

しーさんが羽田で乗り継いで北海道に帰るため、なんとホテルを6時50分に出発(゚д゚)!

6時30分の朝食会場オープンとともに会場入り、しーさんとお食事をして朝食会場からお見送り。

しーさんが出発した後、改めて沖縄最後の朝食をタイム↓

最終日の朝食

名残惜しゅうございます。

沖縄そばにゆしどうふぶっかけても良かったな…と写真を見てふと思う。

食に対して貪欲です。だから肥えます(悲)

沖縄は茄子もよく食べるのかな?必ずあった食材のような気がします。

私は朝カレーのトッピングとしていただきました。

茄子は美味い。間違いない。オクラ入れてもよかったかなー。あ、納豆とか?

ケンタッキーのフィッシュっぽい揚げ物(美味かった)があったから、トッピングもアリかも。

スクランブルエッグのっけて、カレーかけてオムカレーってのもアリか?

やはり食に対して貪欲です。そして肥ゆるのです(笑)

最終日にして気づくこと多いなーあ。

 

朝食を食べ終え、我々のフライトは昼の便なので牧志公設市場に行ってみる↓

現在は仮説営業中の牧志公設市場へ

前の市場は老朽化に伴い只今新設中。7月に移転ですって。

現在は仮設店舗で営業されています。

 

検索したところ、8時からやっているということで、8時30分過ぎに行ってみたのですが、

営業しているお店はチラホラりって感じ。

うちなータイム営業なのか?日曜日だったからなのか?

 

海産物系↓

海産物1

見たことない貝だわね。

右側の貝はどうやら沖縄と九州地方にしかない貝らしい。

食べてみたかったかも。

 

お魚はカラフルね。

海産物2

 

海産物さ3

北海道ではありえーん。

 

こちらは何となく見慣れてる感があり安心します。

海産物4

 

北海道で蟹は見るけど、デカい海老は見ないな↓

海産物5

 

美味そーう↓

海産物6

 

お店によってはお刺身セットみたいのもあって、店先のテーブル席で食べられたりもするみたい。

海産物7

頭は味噌汁にするかい?というおばちゃんが言っていたので、そういったこともできるらしい。

 

続きまして畜産系↓

畜産系1

豚さんのお顔のやつは公設市場の定番って感じかしら?

 

お店で作ったミミガーとか、ラフテーとか魅力的。

畜産系2

ラフテーとかソーキの美味しいの、自分でも作ってみたい。

沖縄人レシピ検索してみるかな。

 

豚の足系が生で売っているのは北海道では見られん。

畜産系3畜産系4

うー…リアルだ。

 

お漬物系↓

お漬け物

島らっきょうとか、ゴーヤとか。沖縄っぽい。

こちらのお店ではないけれど、おばあのお漬物というお店がありまして、

そちらで試食させてもらったゴーヤの漬物がすごく美味しかった!

作り方を聞いたところ、ゴーヤを塩もみして一晩漬けこみ、

汁気を絞って刻み昆布と魚卵をポン酢で漬け込んだだけとのこと。

作り方の詳細まで教えてくれるなんて素敵おばあだわ!

 

2階は食堂になっていました。

牧志公設市場内の地図

妹ハミちゃん、初の公設市場の印象は「市場は安い」とのこと。

確かに、オリオンビアナッツも市場内が底値だったような気がするもん。

国際通り沿いにあるドンキホーテよりも安かった。

 

市場を後にし、沖縄明治乳業で見て気になっていたアイスをコンビニで購入↓

帰りにアイスクリーム調達

ようやく買えた。これまたギリギリセーフ。

 

今回の旅では共用財布をハミちゃんが管理してくれて、

ほんの僅かですが残った残金は首里城火災被害支援金募金に入れてきました。

共同財布の残金は募金

復興を願っておりますよ!

 

ホテルのお部屋でアイスクリームを食す↓

紅いもタルト味が美味かった

私はちんすこうより紅いもタルトの方が好きだったな。

始めはタルト部分に気づかず紫部分だけ食べて「うん、芋だね」とアホ発言炸裂させたけど、

これは2層を一緒に食べて成立するデザートよね。

後から気づき、美味しくいただきましたよー。

 

ホテルと美栄橋駅間の送迎サービスがあり、帰りはそれを利用させてもらいました。

運転手さんの「どちらからいらしたの?」という問いに「北海道からです」と返答すると、

「これまた遠くから」との返答が(笑)

運転手さんも昨年、仕事で帯広に行かれていたらしく、北海道話にもお付き合いくださいました。

 

10時30分には那覇空港へ。

重くなった荷物を預けることにしたら、何と今はこんなシステムなのね↓

手荷物預けるのこんなになってた!

チェックインだけでなく手荷物までも無人化とは(゚д゚)!

このシステムはいつからなんだ…。知らなかった。

 

何となく難しかったです。初めてだからかな。

ご高齢の方には辛そうだ

おばさんの私がそう感じるということは、ご高齢の方はより一層感じられることかと。

荷物はオプションを付けることができず。

今回は沖縄戦利品の中に割れ物も入っており、そういった条件付けもあったら良いなと思いました。

ANAに改善を要望いたしまーす。

 

荷物も預け、身軽になったので空港内探索開始。

まずはこちら「塩屋」へ↓

やっぱり塩を買うことに

4日目の夜に国際通りにあるお店で購入を迷ったのですが、やっぱり購入することに。

 

私が購入したのがこちら↓

弁当用にドレッシング塩

お店一番人気らしいドレッシングソルトです。

お弁当の際、職場に置いておく調味料として良いかなーと思いまして。

しかも瓶ではなく小袋販売ってところも良いよ!

普通の雪塩はサンプルとしてプレゼントしてくれました。

これまたありがたいね。

 

ちなみにベスト3のラインナップ↓

1番人気らしい

おにぎり塩が2位で、3位がシークヮーサーですって。

私は個人的にタコス味が気になりました。

あぁ、私の中で空前のタコスブームが到来しているな。間違いない。

 

先に帰ったしーさんからの連絡が↓

しーさんは空港でこちらを購入

空港のコンビニでグシケンパンとオキコパンをゲットしたとのこと。

オキコは麺だけではなく、パンもやってるのね。

へぇー。

 

今回のツアー。

しーさんは我々の乗り継ぎに選んでくれたのが初日に登場した静岡空港。

なんと今回のANAツアーズでは、静岡空港を利用する場合には1,000円分のクーポンが付いてくる。

しーさんからは「忘れずに使ってね!」とのことで、我々はこれゲット↓

ANAクーポンでコーヒーゲット

実質、80円の支払いで購入できました。

ANAさん、しーさん、アリガトウ('ω')ノ

 

帰りは那覇空港→羽田空港→新千歳空港の順に向かう便。

ちょうどお昼過ぎの便だったので、機内で食べられるものを探す。

 

沖縄にしかないから、空港内のA&Wでも買うかい?と向かえば長蛇の列。

…みんな考えること一緒なのね。

 

遠巻きにA&Wを眺めつつ、我々が目をつけたのがコレ↓

昼食は機内でうちなー弁当に

ケンミンSHOWでも度々登場するうちなー弁当!

 

ご飯の上におかずがガッツリのっかってるのもあれば、幕の内風なのもあり。

ケンミンショーチックだ

揚げ物が多いからか全体的に茶色っぽいね。

 

私たちは二人で1つをシェア。これ買いました↓

我々はこれ!

ハミちゃんが気になっていたタコライスメインのお弁当。

税金入れても400円ちょっとで、ボリュームも満点!

スバラシイしビールのつまみにもなって最高よ(*´з`)

このお弁当に入っていたゴーヤチャンプルーも人参しりしりも、

沖縄滞在中で一番美味しく感じました。

あぁ。やっぱり味付けが気になるわ。

 

空港内をウロウロして時間いっぱいを使い、割とギリギリに保安検査場を通過。

搭乗口に向かう途中でスマホがないことに気づく(゚д゚)!!!

ぎゃー、手荷物検査のときに出して取り忘れた!

ハミちゃんに電話をかけてもらい、空港職員さんが電話に出てくれて電話の所在を確認。

再び走って戻り、スマホを受け取り、再び搭乗口へダッシュするという失態をおかしました。

…こういうの、自分の歳を感じて本当に嫌になっちゃうわ。

今後、スマホは手荷物の中からトレーには出しません!絶対に!

 

沖縄発の便なので、もちろん相棒はオリオン。

沖縄発はオリオン

ダッシュを決めた後のオリオンは格別に美味しかったです。

これが飲み収めかと思うと寂しい…。

 

機内用のおつまみも前日調達済↓

おつまみも

さすがにお弁当で満腹となり、手をつけられたのは羽田から新千歳へ向かう上空でした('◇')ゞ

 

帰りの便は至って平和。羽田に無事到着。お世話になりましたー。

お世話になりました

前日夜に同じレストランで食事をしていた岩見沢市内の高校生陸上部のみなさんも同じ便だったようで、

行動パターンの類似ぶりにニヤリとしてしまいました。

北海道から沖縄やTDLへ行っている人、多いんだろうなー(´艸`*)

 

妹ハミちゃんが帰宅後の夕食(旦那さん用)を見て歩いていたらこんなのを発見!

崎陽軒が真空パック以外も買えるの!?

売り切れていたけれど、崎陽軒コーナーに「生シウマイ」の文字が(゚д゚)!

今まで真空パックは見たことがあったけれど、生も取り扱いし始めたのか!?

 

ひっくり帰っているのを並べて確認↓

ひょうちゃん入りじゃなかったー

生での販売はこの3種のようです。昔ながらのシウマイと特製シウマイが買えるのね!

何とスバラシイ。だって真空パックと生シウマイとでは段違いの美味さだもの。

崎陽軒萌えポイントとなる醤油容器「ひょうちゃん」は空港取り扱い商品には入っていないようです…無念!

久々に崎陽軒のサイトを覗いてみたらリニューアルされていたし、昨年は新元号にちなみ「元号ひょうちゃん」ってのが出ていたらしい。

ひょうちゃん企画、見逃せないわね。近くにないけど('◇')ゞ

 

ANA待合ブース。

これ便利

世の中は充電ブースを必要としているのね。

こんなところにまで設置されていました。

 

羽田発の便は我らがAIR DOとのコードシェア便。

羽田発なので、こちらではヱビスを購入↓

羽田発はエビス

安定のヱビスですわー。美味し。

フライト時のアナウンスに「機長はヨシダ」との紹介があり、

ハミちゃんとまた行きの便の機長なのか!?と一瞬盛り上がりましたが、

アナウンスの声で違う人物と判明。ざんねーん(笑)

 

AIR DOの機内誌を読んであれこれお勉強。

エア・ドゥのサービス1

祝日を除く月〜金曜日の夕方以降の対象便に限りHAPPY HOURを設定。

何とサッポロクラシックが1缶200円で飲めるんですって!これは良い!

 

北海道の便ならではのサービスも↓

エア・ドゥのサービス2

数量限定ですが機内貸出図書を積んでいるようで、

道民も愛読する美味い物情報誌「HO」「O.tone」「じゃらん」などもあるようです。

これは道内旅行でフライトの方は羽田→新千歳便で読むべきだわ。

そして滞在地に合わせてリサーチしておけば美味いお店に当たれる可能性が高まりますよ。

 

機内販売にも心動かされました↓

エア・ドゥのサービス3

スマートフォンリング欲しかったかも。

 

こっちだって↓

エア・ドゥのサービス4

オニオンスープ買っても良かったかな。

お上手な価格設定かと。やるなAIR DOめ。

 

提供される飲み物だって可愛いんだよ↓

カップも可愛いね

クマさんなの。カップ白だからシロクマかい?かわいいでしょ?

 

沖縄であればまだ明るい時間帯のはずなのに、道内は真っ暗。

雪がちらつく新千歳空港に無事着陸。

我が家の最寄りバス停行きの高速バス乗車時間まで余裕があり、

ちょうど良い便のあったハミちゃんの出発を見送り、私は新千歳空港の売店散策。

新千歳空港

行きの天候調査中にのぞいたお店「Wine&Cheese 北海道興農社」へ。

 

道内産バターのラインナップがスバラシイ↓

バターが充実のラインナップ

テレビ番組でも紹介されていたご飯にのっけて食べる高級バターも気になりましたが、

私が選んだのはこちら↓

これ買いました

アンジェの塩バター」です。

 

黒松内もなかなか行けないからね。

食べるの楽しみ

良い買い物ができたと思う。

美味いパンを用意せねば。食べるの楽しみ!

 

近くにTOKYUも出店していて、販売されていた旭川市神居のバターも気になったけど、

こちらのお店なら札幌駅前に行けば購入できそうなので今回は見送りました。

東急は「きたキッチン」よりも品ぞろえが良いかもしれないな。期待大。

(きたキッチンには曜日限定で情熱大陸に出た人のパンもあるらしいから引けを取らんよ)

 

空港内には紋別の出塚水産もありますのよ↓

紋別の出塚も空港に出店

こちらの蒲鉾屋さんは現地でお世話になりました →

あの蒲鉾調理体験は本当に楽しかった。またやりたい。

 

前はなかったように記憶しているのですが、知らないうちにこんなお店も↓

PASCOも出店していた

空港内にPASCOが出店してました。いつできたんだろうか?

昨今の食パンブームにのってか、北海道限定の食パン(1斤サイズ)が販売されていました。

お値段は600円ぐらいかな。美味しかった(試食)けど、個人的には北菓楼の食パンがイチオシなの。

 

私の乗車時間も近づき、空港から出てバス停に並ぶ。

さ、寒い(゚д゚)!

今日の午前中まで気温20度の世界にいたのに、一気にマイナスの世界です。

そうだった。私のホームはここだった。

高速バスには無事に乗り込める。やっぱりバス最高!

定刻通り最寄りバス停に到着し、自宅に到着したのが20時前には自宅到着。

荷物を片づけたり、洗濯したり、帰ってきたらきたで地味に忙しい(笑)

 

先に自宅に到着していたハミちゃん。

家でお留守番してくれていたハミちゃん夫のおひーさんは、

掃除、洗濯、寝具取り替え、食材買い出しとパーフェクトな状態でハミちゃんを待っていたのに、

ハミちゃんまさかの空港で購入した土産の品々をバスに置き忘れ!

おひーさんの夕食用に購入したシュウマイもバスとともに札幌から室蘭へ旅立つ。

やはり今回の旅は最後までハプニングが起きるのね(笑)

しかも、後日ハミちゃんインフルエンザに罹患したとの知らせも。

 

今のところ、私もしーさんも元気に過ごしておりますので、インフルエンザにはならないことでしょう。

インフル罹患疑惑がある中、しーさんは手作りゴーダチーズ体験にも参戦したらしい。

乳しぼり経験はあるけど、チーズ作りはやったことがないので羨ましい。素敵だぜ。

私はといえば、「忘れないうちに!」と躍起になってブログの沖縄旅行編集作業に追われた先週でした(笑)

 

旅行中の様子についてはこれにて終了。

後日、沖縄戦利品のネタをお送りして、今回の沖縄旅行編も完結となります。

あと1本残っておりますので、もう少しだけお付き合いくださいねー('ω')ノ

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
スリルと笑いと満腹の日々

とても楽しい旅でした

しーさん、ハミちゃん、また旅しましょうねー('ω')ノ

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(4), -, -

沖縄に行ってきました(4)オリオン&ヘリオス工場見学

【沖縄旅行:4日目】

 

恒例の朝食スタート↓

4日目の朝食

普段、家ではきちんと朝食を取らないのに、こういったときはモリモリ食べれちゃうのが不思議よね。

この日の朝食で印象深かったのはヨーグルト+黒糖かな。美味い。美味い。

そして沖縄は鯖文化なのか、焼き魚に必ず鯖が用意されているような気がする。

私も鯖好きよ。だけど私は今、生(しめ鯖作り)にハマってるからな。

ちょっと路線が違うのよね。

 

朝食の途中、開放していたドアから野鳥が入っちゃう事件発生↓

小鳥乱入のハプニング

逆光になっていてシルエットしかわかりませんが、道内にはいない南国な鳥さんでした。

出口を求めて呼吸を荒げハァハァしていて心配したけど、上の窓を開放してもらい何とか外へ。

大事に至らず良かったわ。

 

もうひとつ美味しかったのがこちら↓

地元果物

地元地域で作られている果物「いずみ紅」です。

皮が薄くてむきやすいし、すっぱくなくて美味しいの。

 

詳細はこちら↓

とても美味しかった

期間限定で楽しめる果物のようです。ナイスタイミングでした。

 

満腹になり部屋から眺める朝日も良いね↓

朝焼け

 

反対側の窓からの景色もなかなか良かった↓

部屋からの眺め

 

昨日は美ら海水族館の有料コーナーを楽しみましたが、今朝は無料エリアの海浜公園へ↓

海洋博公園へ

8時30分、公園入り。

イルカゾーンに向かうため建物を目印に歩いていたら私が間違えていて遠回りに('◇')ゞ

 

何だこれ?食えんのか?

南国ねー

いかにも南国チックだねーえ。

樹々だって見たことないものばかりで見ていても飽きない。

 

ようやくイルカコーナーに近づき、オキちゃん劇場の水槽を見たらお水が抜けている(゚д゚)!

オキちゃん劇場の水槽

お水は毎日取り換えるのかしら?

底にいたイルカさんたちは壁に向かって静かに過ごしていらっしゃいました。

 

この後、前日にイルカ&ダイバーショーのあった水槽へ。

昨日と同じメンバーと思われる3頭のイルカさんが泳いでいました。

しーさんがおトイレタイムだったので、ハミちゃんと二人でこの水槽前で待つ。

前日のチビッ子がやっていたサインを水槽の前でやってみるも、

イルカさん薄目を開けてこちらを見ながらサインガン無視。

「ご褒美(餌)もないのにやるわけねーだろバーカ」というイルカの声が聞こえたような…(笑)

しかし、その無視されている状況が楽しくて姉妹で水槽前に並び、懲りずに何度もチャレンジ。

自分たちの滑稽な行動が面白く、笑いこけるのも良い思い出。

 

ウミガメゾーンへ移動途中、尋常じゃないぐらいイルカが飛び跳ねていてビックリ。

イルカ大興奮

ザブーン。ザッブーン。

何!何なの!?

 

どうやら朝食タイムだったようです↓

朝ごはん+健康チェック+アルファ

朝のご飯タイムでも新たな発見が。

1頭ずつ検温と採血をするようなのですが、それぞれのキットをイルカに見せ、

サインを送ると検温しやすいようにお腹を出したり、採血しやすいように尾びれを上げたりするの(゚д゚)!

なんて躾が行き届いているのでしょうか!

我が家に遊びに来るメロンちゃん(柴犬)、彼らを見習いなさい!

 

餌は1頭分ずつバケツに用意されているらしく、採血や検温の他にも芸の練習にも励んでいましたな。

(給餌=上記の健康管理とトレーニングを連結させているっぽい)

その間もトレーナーさんに甘える声を出していて、ショーとは違った様子も見ることができ、お得な気分でした。

 

ウミガメコーナー近くに見たことのない小さな小鳥さんが↓

小鳥どーこだ?

芝生に同化していて全くわからん。間違い探しゲームのよう。

 

子亀ゾーンは赤ちゃんマンションみたいになってました↓

小亀ちゃんマンション

 

ちっこーい!めんこーい!

可愛いね

 

大人はデカい↓

でっかいねー

ちっこいの見た直後のせいかフレッシュさが…ふてぶてしく感じるのは私だけ?

前日の「熱帯魚の海」水槽での餌やりの際の食いしん坊ぶりを見てしまったからかしら。

食いしん坊ってそう見られるの?私も気をつけねば(;´Д`)

 

海を眺められる展望コーナーの足元にも気づけばウミガメが↓

ステキね

これまためんこい。

 

海があおーい。きれーい。

海辺1

 

反対側の海もきれーい!

海辺2

 

景色を満喫してからマナティーコーナーへ↓

マナティとジュゴンも

これまたでかーい。

 

マナティとジュゴンの違いってご存知ですか?

マナティとジュゴンの違い

確かに!1枚目の子を観察していたとき、胸びれに爪みたいのあった!

 

こちらでもご飯タイムに遭遇↓

お食事中

飼育員が水上から餌を手に持ち、水中へ入れてフリフリ。

それを口で受け取り、胸びれも使いながら水中で上手に食べてました。

 

ちなみにお食事内容は女子力高そうなラインナップ↓

ゴハンの説明

さすが人魚は違うわね。

 

しかし用意されている入れ物はワイルドで男勝り↓

ワイルドね

マナティ館を後にし、名護方面へ移動することに。

目的地へ行く前に再びお土産リサーチでスーパーに立ち寄る。

 

冬なのにゴーヤが激安↓

ゴーヤが安い

欲しいけれどもグッと我慢。

 

充実の缶詰コーナー↓

すごい量

ツナ缶が箱売りされているなんて、北海道では絶対にありえない。

 

ランチョンミート、コンビーフハッシュ、タコスミートコーナー↓

こちらもね

うちなー美女に教えてもらい購入したTULIPが底値なことに満足。

しーさんとハミちゃんはタコスミート缶を購入していました。

 

私はタコスミート用シーズニングと液体調味料をゲット↓

タコスミート作りに挑戦するぞーう

タコスミートは何肉(牛?豚?合い挽き?)で作るのが正しいんだい?という疑問が残りますが、とりあえず挑戦してみようと思っております。

近いうちにタコス系の弁当が登場するはず。

そして気に入ればコストコでタコス系調味料をリサーチしてみよう。

 

時間を決めてお土産活動を切り上げ、素敵な提灯が彩る道を進んで向かったのがこちら↓

オリオンハッピーパーク

名護城公園近くにある「オリオンハッピーパーク」でございまーす。

ビール大好き姉妹の我々のためにしーさんが日程に組み込んでくれました(*´з`)

いえーい!しーさん、アリガトウ!

ちなみに名護城周辺、桜が咲いておりました…再三申し上げますが1月ですよ。

外気温24度だもん、桜だってそりゃ咲くさね…。

 

開始前の時間帯、我々が生まれる前の時代のお店にタイムトリップ↓

見入る道産子たち

 

レトロだねーえ。昭和感ぷんぷんね。

昔の様子1

 

バナナは青いまま売られているのね↓

昔の様子2

 

全部試してみたい↓

オリオン ラインナップ

 

定時になり、見学スタート。

解説してくれる女性社員の方が案内してくれます。

海外からの見学者が多いのか、英語や中国系の言葉も話されていました。

すごーい。

 

仕込釜↓

お勉強中1

 

オリオンビールで使っている酵母番号↓

お勉強中2

75ってのは名護の意味合いもあるっぽい。

だから期間限定で販売しているビールも「75」なのね。

 

工場内は沖縄をイメージしたカラーリングなんですって↓

お勉強中3

「青:海」「白:砂浜」「ピンク:サンゴ」なんですって!

そういうの良いね。

 

樽は検品後に洗浄してリサイクルして使っているらしい。

お勉強中4

北海道では生のオリオンビールにはそうそうお会いできないので、この樽を定期的にお届けしていただきたーい!

 

1分間に詰めるビールの缶がディスプレイされていました↓

お勉強中5

オートメーション化というのはスゴイことだ。

 

土曜日だったのですが、缶のレーンだけは稼働してくれてました↓

お勉強中6

ドラえもんが居たら「どこでもドア」を出してもらい、このレーンが我が家に続くようにお願いしたい。

 

工場見学後は念願の試飲タイム↓

試飲は2杯まで

ひとり2杯まで。おつまみにオリオンビアナッツ付き。

見学グループで沖縄の言葉で乾杯をしてから飲みます。

外国からいらしていた方が乾杯前に質問していて、待ちきれず乾杯前に飲んじゃった。

美味しかったでーす。

ドライバーのしーさんはソフトドリンクの紅茶ペットボトルを貰うも甘かったらしい。

無糖の紅茶ってあるのかな?あまり見かけなかったような…。

 

試飲の他にも料金を払ってもビールが飲めるシステムとなっていました。

そのお会計コーナーにはショップも併設されていましてね。

オリオンビール商品買っちゃいました↓

オリオンハッピーパーク 戦利品

旅先で調達している手ぬぐいもオリオン柄ゲット。即決だったわよ。

ビールのタグはハミちゃんからプレゼントしてもらっちゃった。

旅用のキャリーバッグを購入予定(普段はもっぱら身内から借りている)で、買ったら付けなさいとのこと。

ハミちゃん、ありがとさーん!

 

旅先マグネットもオリオン提灯が我が家の玄関に加わりましたのよ↓

オリオンちょうちんも仲間入り

過去の沖縄旅行の際にゲットしたシーサーの近くに配置。

いーねー(*´з`)♪♪♪

 

オリオンビールってアサヒの参加なのかしら?自販機置かれてました↓

アサヒとズブズブなのね

沖縄限定のバヤリースはグァバ、シークヮーサー、マンゴー。

確かに見たことないし、グァバはグアムやハワイの飲み物かと思っていたぜ。

国内にもあるのね。知らなんだ。

 

工場見学を終え、次の予定までの間に腹ごしらえすることに。

名護市内で検索した結果、こちらのお店のお世話になることに↓

名護でランチ

「宮里そば」です。

お昼に行ったら激込み。駐車場にはレンタカー以外の車が多数あり、地元密着店舗と思われます。

いざ潜入!

 

メニューがこちら↓

宮里そばメニュー

昆布そばとはなんだろか?

そしてなぜかスパゲティーにトーストがついている!

炭水化物スペシャルメニューが。

 

券売機で購入し届いた品がこちら↓

昆布が珍しい

左上:そば(小)400円

右上:昆布そば 400円

下 :ソーキそば 600円

 

なんとこちらのお店は蒲鉾ではなく結び昆布スタイル。

お肉をシェアして食べる。お肉は甘辛く煮こまれていて美味い。

美味いけれども、昆布が美味すぎる。センセーショナルでした。

 

次の目的地までの移動時間もあり、10分弱で熱々そばを食べ終え移動開始。

細道を抜けて

細道を進んで出てきたのは

 

泡盛製造の「ヘリオス酒造」です↓

泡盛のヘリオス酒造

これまた酒好き姉妹の我々のために、しーさんが日程に組み込んでくれました。

アリガトウ、しーさーん!

 

工場内は蔵以外見学不可だそうで、店員さんが模型を使いながら説明してくれます。

工場の模型

泡盛はタイ米で作るんですって。知らなかった。

そして黒麹菌を使って発酵させるらしい。

日本酒などと違うのは、蒸留させることかしらね。

 

強烈なアルコール臭が漂う蔵の中で、唯一撮影可能だった100年樽。

超巨大でした。

100年樽

80年後に開封するらしいけど…間違いなく飲めないな。

 

ヘリオスは洋酒(ラム)作りからスタートしているので、泡盛を樽でも寝かせているらしい。

80年後に開封…確実に飲めないな

3年物から古酒扱いになるらしいから、100年物ったらどえらいことになるね。

ちなみに泡盛の昔ながらあの作り方は瓶で寝かすらしいです。

あとは琥珀色になりすぎると泡盛表記ができなくなるとも教えてもらいました。

泡盛ワールドは知らないことだらけだぜ。

 

こちらのお店に行ったら建物や蔵が黒ずんでいて、「小火でもあったのか?」と思ったら、この黒ずみは黒麹菌の影響なんですってよ。

火災後ではなく黒麹菌ですって

黒麹菌ったらすごいわね。

最後に試飲をさせてもらって終了。

蛇系のお酒も進めていただきましたが、手を出せなかったぜ('◇')ゞ

 

工場見学を終え、一路那覇方面へしーさんが車を走らせる↓

夕焼け

我々姉妹は試飲で飲んだくれちゃったからね。

一番の長丁場なのに、本当に申し訳ないわ。

すんまそーん。

 

琉球ガラス村に寄ってガラス吹き体験で作ったグラスを受け取ってからレンタカーを返却し、建物の上にあるお店でディナータイム↓

車返却からの夕食

クラムチャウダーにサラダ。

クラムチャウダー美味い。

貝を外しておくと食べやすいね。

私、毎回、貝は食べながら外しちゃうから。この方が良いかも。

このスープも美味かったけれども、食べなれた自分のやつの方が好きかも。

そのうち、しーさんとハミちゃんにも食らわせたいわ。

 

メインはそれぞれ違う種類を注文↓

メインは山原鶏、アグー豚、近海のお魚

骨付き山原鶏、アグー豚、近海産の白身魚。

マナー違反だけど、それぞれシェアしながら食べました。

 

デザートのソフトクリーム↓

デザートはアイスクリーム

ANAとズブズブな関係が伺えます。

実はこのお店もツアーの500円でつけられる食事だったのですが、

前日までの予約ということで前日に電話をかけたところ満席とお断りされたんです。

だけれども、再度、ツアーでの食事だということを伝えるとなんとか入れてくれたの。

お店には空席が目立っていたけど、店頭には「本日は予約のお客様のみ」との張り紙が。

どういう基準で予約入れているのか?

普通に来店した方が空席具合を目にして入店できないのって複雑な気分そうだなとか、

我々よりもそういったお客さんの方がお金落としてくれそうだよねとか。

お客さんウォッチングも堪能いたしましたよ。

 

今宵の宿は初日と同じホテルでしたが、今回は新館だったようでお部屋がスタイリッシュに↓

今宵は人数通りのお部屋

ベッドの内1台がエクストラベッドだったので本来は2人部屋なのかな?

 

だけど大きな冷蔵庫とか、電子レンジとか、キッチンまで付いていて快適でした。

キッチン付き

琉球畳だったところもポイント高し。

 

そんなこんなで4日目も終了。

最終日の様子は明日に続きまーす('ω')ノ

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
移動途中で見かけたコープの看板が林檎マークで可愛かった

 

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(2), -, -

沖縄に行ってきました(3)美ら海水族館と海洋博公園

【沖縄旅行:3日目】

 

この日もホテルの朝食からスタート↓

3日目の朝食

昨夜から一転。慌てずに食事をチョイスできるという幸せ。

この日は右手前にある黒糖フレンチトーストが抜群に美味かった(´艸`*)

オムレツはコックさんがひとつずつ具のオーダーを聞いてから作ってくれます。

私はチーズ、玉ねぎ、ゴーヤ、確かあおさをチョイス。

自分でオムレツ作るとき、なかなかフライパンで上手くまとめられないから、

調理工程をじっくり観察してしまいました。

手前から奥に巻いていき、最後に振動を与えて包んでたなー。

私もあれくらい上手に包めるようになりたいよ。

 

デザートにヨーグルト。冷凍マンゴーのせ。あぁ南国チック。

マンゴー美味し

甘かったけれど美味かった。

 

ホテルのお部屋からの眺め↓

部屋からの眺め

1月だけどプールだって入れちゃいそうな気温ですわ。

 

車で本日の目的地に向かいます↓

美ら海水族館

久々の「沖縄美ら海水族館」でーす。

おそらく毎回来ていると思うので今回で3回目かと思われます。

何度来ても面白い。それが美ら海水族館。中毒性あり。

 

プログラムスケジュールに沿って行動予定。

タイムスケジュール重要

なのにだ!私がヨーグルトとかのん気に食べちゃったから、またもや時間ギリギリに。

ホテルから水族館に向かい、駐車場に入ったのが9時25分過ぎ。

目指すプログラムは黒潮の海(給仕時間)からの黒潮探検水槽解説。

駐車場から猛ダッシュ。

私は以前、ハミちゃんと帝国ホテルに泊まり、宮内庁企画の皇居見学ツアーに参戦したことがあるのですが、

そのときも時間ギリギリになり、皇居近くの砂利道を猛ダッシュしたときにハミちゃんは力尽きてたのよね。

「ポーちゃん(ナオロマツ)、先に行って…」と弱々しく発言していたのに、

今回は胃袋満腹という悪条件の中を猛然とダッシュ。先頭を走っておりました。やるな。

 

3階の入り口でチケットを引き換え、入館してからは1階の黒潮の海まで猛ダッシュ。

目標の9時30分をちょっと越えちゃったけど何とか間に合いました↓

猛烈ダッシュで黒潮の海へ

わー。久々のジンベイザメでかーい!

そして朝一のこの時間帯しか見られないマンタの餌付けを見学。

マンタってね、餌を食べるときに海中をグルグル縦回転しながら食べるんでよ。

面白いねーえ。

 

説明の途中で4階の黒潮の海水槽の上へエレベーターで移動。

見たかったのはジンベイザメが餌を食べるところです↓

水上観察

これはまだ餌をもらっていないので優雅に泳いでいらっしゃいます。

 

こちらは餌をもらっている様子↓

ジンベイザメごくごく飲み込んでます

前はジンベイザメが3匹水槽に居たのですが、今は2匹。

(館内の方に質問したところ、一番小さい子は現在、海洋で飼育中とのことです)

それぞれがどれくらい餌を食べたか把握するため、それぞれにご飯をあげる。

身体は大きいのに餌はオキアミみたいなやつ。

水ごと飲みこみ、エラのところから水だけ噴き出している様子とか、

効率よく餌を食べるために縦泳ぎになったりとか、見所盛りだくさんです。

ちなみに1日30圓阿蕕たべるらしいですぜ。

体長からすれば小食ってことになるのか?うーむ、判断が難しい。

 

続いてのプログラムは「サンゴの海」です。

珊瑚の勉強もしました

ご存知からしら?サンゴって骨があるんですって。

この骨が砕けて、沖縄の白い砂浜を作り上げているらしいですぜ。

サンゴも1つの卵が着床し、そこから分裂して増えて行ったり、サンゴ自体が大きくなったり。

サンゴの産卵のこととか、寿命のこととか、サンゴの解説お兄さんから色々聞けて楽しかったです。

 

次の参加プログラムに向けて移動。また黒潮の海を通過↓

大きいなーあ

やっぱり大きいし、目が行っちゃうのはジンベイザメだよね。

 

続いてのプログラムは海洋博公園内にある無料エリアの「オキちゃん劇場」へ↓

オキちゃん劇場

開始前に劇場に着席したところ、尾っぽだけを水面から上げるイルカさんが。

まだショーが始まっていないにも関わらず、ウォーミングアップ的な動き。

イルカさんのプロ意識高い!人間も見習うべきだわ!

 

今だけの新春ver.オキちゃん劇場のスタート↓

すごーい!

ナイスジャンプでーす!

この後、ボードに乗って水上を進むイルカさんの芸があったかと思ったら、

背泳ぎしているイルカさんをビート版がわりにして水面を進むイルカさんの芸があったり、

沖縄民謡に合わせて職員さんが躍ったと思ったら、イルカさんたちが一斉に歌い(鳴き)だしたり、

これが無料?というクオリティの催しが続き、大いに楽しみました。

 

劇場の名前にもなっているオキちゃんのジャンプ↓

たぶんオキちゃん先輩

オキちゃんは現在46歳。

イルカの寿命は60歳と言われているらしいので、そこそこのご高齢。

オキちゃんなんて気安く呼んでいるけど、年長者だからオキさんだ!

日本人だから、敬称については気を遣わねばね(笑)

そんなこんなでオキさん劇場も満喫。

 

続けて隣にあるイルカプールのダイバーショーも見ちゃう↓

イルカ&ダイバーショー

躾けられた忠実な犬って感じ。(←失礼発言か?)

ダイバーさんと絶妙なコンビネーションでショーは進んでいきました。

こんなに良い子ちゃんだから、飼育員さんも目の中に入れても痛くないぐらい可愛いんだろうな。

この後、イルカさんに目隠しをして、障害物の判別をするのとかも面白かったです。

 

輪投げの輪を失敗しても何度もチャレンジする健気な姿も可愛い。

頑張る姿が健気

この後、背泳ぎ部隊に妨害されて口先でホールドしている輪が落ちそうになりますが、

全て拾い直してお片付けに成功していらっしゃいました。さすがです。

 

芸の披露だけではないのがこのショーの良いところ。

イルカ説明

イルカの性別の判別方法なども教えてくれました。

お勉強にもなるのよねー。

 

最後は会場内から選ばれたチビッ子とのやりとり↓

どちらも可愛い

いくつかのサインを教わり、っそれに対してイルカが反応するというもの。

イルカもチビッ子も非常に微笑ましかった。

そして選ばれなかったチビッ子が泣き崩れている姿も可愛らしかった。

人生とは、いろいろあるからね。チビッ子よ、これも人生勉強の一環だぞ。

 

今月はないとアクアリウムも開催されるらしい↓

これまた気になる

残念ながら帰る日からのスタートでした。無念。

2月28日まで開催されているらしいので、期間中に沖縄へ行かれる方には良いかもね。

 

続いてのプログラムは熱帯魚の海↓

餌をもらうと動きが活発に

普段は静かに泳ぐお魚達も、餌の時間帯は動きが活発に。

 

給餌タイムには我先にと卑しい行動をしていたウミガメさん↓

お食事タイムとは大違い

ご飯を貰えない時はこの岩陰で過ごすのがお好きなようでした。

 

再び黒潮の海を通過して目的地へ向かう。

でかいなーあ

ジンベイザメについても「わくわくアクアラボ」で勉強しましたよ。

現在水槽で飼育している2匹のジンベイザメはオスとメス1匹づず。

大きい方のオスのジンタくんは水族館で飼育されているジンベイザメの最長記録ホルダーで、

そのためお名前がついており、小さい方の女の子は名前がないんですって。

私なら「美ら子ちゃん」ってお名前つけたいけれども。

大きさの他にも判別方法がありまして、腹のヒレ部分に突起がついている方がジンタだったり、

水上から見て白い顎が見える方が女の子だったりするんですってよー。

思わず、女の子は全員顎がしゃくれているのか?と質問したところ、美ら海の子だけのようです。

何となくホッと一安心(笑)

 

黒潮の海ではカメラを持って潜水中のダイバーさんが映像を映し出してくれるモニターでの説明も受ける。

勉強中

ヒョウ柄みたいだけの海の生物なのね。

 

この水槽にはマンタもいるのですが、一匹だけ真っ黒い子が↓

黒いマンタは珍しいらしいよ

全身が真っ黒い子は珍しいそうです。

行ったらぜひとも探してみて欲しいわ。

 

続きましてランチ。

今回で通算3回目の沖縄ですが、今までステーキを食べたことがない。

美ら海水族館近くのお店でお世話になりました↓

ランチはステーキ

STEAK HOUSE 88」です。

 

まずはサラダとマッシュルームスープが提供↓

サラダとマッシュルームスープ

サラダは普通だけど、スープがマッシュルームってところが喜ばしい。

 

ドレッシングはマヨ系とお店のシークヮーサードレッシング↓

ドレッシング

地元の特色を生かせているわね。良いではないか。

 

ランプ肉200gのステーキ登場↓

ランプ肉をレアで

焼き具合はレアで。こういう鉄板ジュージュー系は嬉しいな。

お肉に味付けはされておらず、自分でお好みの調味料を使って食べ進めるらしい。

テーブルにセットされていた液体系調味料↓

ソースと塩コショウとガーリックパウダー

にんにく醤油、A1ソース、No.1ステーキソースの3種。

この他には岩塩、ブラックペッパー、ガーリックパウダーも置かれていました。

全て試してみましたが…A1ソースは沖縄ならではっぽいけど食べなれないお味でNG。

ソースを使うのであれば兵庫のNo.1ステーキソースかにんにく醤油だな。

個人的には岩塩+ブラックペッパー+ガーリックパウダーが美味しかったです。

 

デザートはブルーシールのソフトクリームでした。

ブルーシールのソフトクリーム

紫芋とバニラのミックス。

パンに添えて食べても美味しかったな。

 

再び美ら海水族館へ。

花カメ

朝いちは猛然とダッシュして入り口に向かったから、お花の亀さんには気づかなかった。

はいどーもーとばかりに1枚パチリ。

 

再び黒潮の海へ。

性別も見分けられるようになりました

ジンベイザメのお勉強後に見るから、性別チェックとかしちゃうよね。

 

再びジンベイザメの給餌タイムを見学。今度は水槽越しにね。

お食事中

見事な立ち泳ぎっぷりだぜ。

こうやって食べる方が効率良く餌を食べられるかららしい。

誰に教わるでもなくできちゃうのがスバラシイね。

 

2回目に訪れた際は「サメ博士の部屋」に設置されていたはずのコレ↓

これは昔サメコーナーにあったやつだ

今は「総合休憩所 美ら海プラザ」内に移設されていました。

こちらのコーナーは視覚障害の方でも楽しめるように触れる展示物が多数。

これはこれで楽しかったし、写真のサメの歯の中は記念撮影スポットになっているのですが、

我々の前に撮影していた母子ペアのママがカメラを向けても全く反応していなかった男の子が、

我々の番になっても移動せず、私がカメラを向けると満面の笑みでっポーズを決めてくれたのが可愛らしかった。

思わず見ず知らずの男の子の写真を撮っちゃったわよ(笑)

 

美ら海水族館最終時間帯の黒潮探検(水槽解説)にも参戦。

エレベーター前にて↓

水槽はこんなに分厚い

すっごい分厚いのね。

これくらいないと耐えられない水圧なぐらい大きいってことね。

解説員より、小さいマンタ(ヒメマンタ)がこの水槽には2匹いるということも教えてもらいました。

解説を聞くまでそんなこと気にならなかったけど、そういったお魚を探してみるのも面白いかも。

解説員さんからの質問事項に海釣りが趣味な夫を持つハミちゃんはスムーズに返答。

実家暮らしのときでは考えられないこの成長っぷり。すげーな。

 

タイムアタックじゃないけれど、最終プログラムに参加すれば退館だってギリギリ。

大慌てでトイレを済ませ、出口から退館して、駐車場に向かう途中でパチリ↓

水族館ライトアップ

夜の外観を楽しむことができましたよ。

12日からはこういった外観+館内の水槽を楽しむことができるのでしょうね。

 

丸一日満喫した水族館で購入した品がこちら↓

美ら海水族館 戦利品

手ぬぐいとマスキングテープ。シブ可愛い(´艸`*)

 

美ら海水族館からホテルに戻る前に、近場のスーパーに寄り道。

豆腐が充実

豆腐のラインナップが違うよね。

 

こんな売り方もありえんよ↓

こんな売り方しないよね

奥の方にあるジョウゴに汁を捨てるらしい。初めて見た。

 

沖縄そば麺のラインナップだって多種多様↓

麺も充実

細かったり、平たかったり、いろいろなのね。

地域によってスープのベースも変わったりするのだろうか。

奥深い。

 

通年でこういった蟹が売っているのだろうか?

これも1月には見ませんな

パスタソースに使ってみたくなるわ。

北海道でも期間限定で見かけることがあるけれど、個人的にはまだ手を出したこのない食材。

すごい興味あるぜ。

 

ホテル到着↓

今宵の宿

真っ暗でよくわからん。

 

今回のお部屋↓

今宵も広々

ベッド2+和室付きというお部屋でした。

お部屋に向かう際、たまたま隣の部屋の方と一緒になる。

どちらからいらしたか聞いてみると静岡空港からとのこと。

ハミちゃんとの春一番フライト事変について伝えして部屋の入口でしばし対話。

チーム静岡はその日のフライトではなかったらしく、可愛らしい女の子は今回が初飛行機だったらしいから、春一番フライトじゃなくて本当に良かったね。

揺れが怖い方にはトラウマになりかねないような揺れだったからさー。

 

部屋に荷物を置いて夕食コーナーに向かう↓

ゆっくり選びました

お昼にお肉をいただいたこともあり、激しくお腹がすいているというわけでもなく。

こんな感じのラインナップにしましたが…。

 

甘味は別腹↓

ブルーシールのソフトクリームを手巻きしてトッピング

ブルーシールのソフトクリームマシンが設置されておりまして、

1回目はソフトクリームにちんすこうとシュークリームとマンゴーソースをトッピング。

2回目は底にイチゴムースを置いてからソフトクリームを巻いてみました。

いずれも楽し美味し。朝の黒糖フレンチトーストに添えたら完璧だな。

ソフトクリームに興奮しすぎて、こうだったら良いな妄想を繰り広げちゃったよ。

 

お部屋では風呂上りにオリオンを頂きました↓

部屋で〆のビール

春一番も季節限定商品だもんね。

北海道でも買えるけど、現地で飲むと気分が違うのさ。

美味しゅうございましたよー(´艸`*)

 

私は左手爪の傷があり、温泉に入るのは遠慮しましたが、

しーさんとハミちゃんは施設内の温泉を楽しんでいらっしゃいました。

 

そんなこんなで3日目も終了。

ついに明日から職場復帰いたしますので、今年の初弁当デーとなる予定。

沖縄旅行の続きは週末に('ω')ノ

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
沖縄在住だったら間違いなく美ら海水族館の年間パスポート購入だな

 

ここでいきなりクエスチョーン!

ジンベイザメは卵を産むでしょうか?それとも稚魚を産むでしょうか?

正解はコメント欄にあるよー('ω')ノ

  

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(1), -, -

沖縄に行ってきました(2)工場見学&体験とタイムアタックブッフェ

【沖縄旅行:2日目】

 

2日目のキーワードはタイムアタック。

この意味は読み進めていけばご理解いただけるかと。

 

まずはホテルの朝食で腹ごしらえからスタート↓

2日目の朝食

沖縄っぽいメニューが揃っていて嬉しい。

妹ハミちゃんはお初な沖縄。

この中の人参しりしりが気に入ったようで、味付けが気になるようでした。

人参しりしりとか、ゴーヤチャンプルーとか、地元の方の味付けを知りたい…。

 

2日目から4日目はレンタカーの移動がメインとなるので、まずはレンタカーを借りに「Tギャラリア 沖縄 by DFS」へ向かいます。

ホテルから出てすぐの道端にて↓

1月なのに花が!

1月なのに花(゚д゚)!

こんな花も!

この花は何なんだい?

何度も申し上げますが1月ですよ!

 

ゆいレールで移動し、2階のレセプション向かいのレンタカーコーナーへ。

レンタカー借りに

日本レンタカーでHondaフィットを借りて目的地へ。

このフィットが後からタイムアタックに追い打ちをかけることなるとは…。

まずは青いフィットで目的地へ向かいます。

 

沖縄明治乳業の工場見学へ↓

明治乳業の工場見学へ

工場の中は見学できないため、社員の方がスクリーンで説明してくれるシステム。

余裕を持って出たはずが、工場についたのは受付時間ギリギリでした('◇')ゞ

 

会場がこちら↓

笑ってはいけない風な会場

扉を開け、室内を眺めてすぐ「笑ってはいけないみたいだ!」と思い、笑いが止まらなくなる。

社員さんにも思わず伝えてしまいました。

広い室内にパイプ椅子4脚。シュールだ。

 

沖縄の乳牛事情↓

少ないね

ちなみに全国1位の我らが北海道は乳牛が約80万頭らしい。

沖縄の約275倍ね。

 

沖縄明治乳業はこのような商品を作られているそうです↓

そうなんだ

アイスクリームでは沖縄の「BLUE SEAL」もこちらの工場で作っているんですって。

ちなみにお店の前で信号待ちした際、毎月10日、20日はビッグディップデーなんですって →

滞在中にこのサービスデーと重なる場合は利用すべきね!

 

さんぴん茶王国ですもんね↓

さんぴん&紅茶王国

 

学校の牛乳も沖縄明治乳業が沖縄県の半分を卸しているそうです。

ストロー使わないらしいよ

ビックリしたのが学校用のパッケージ。

「学校給食牛乳」「保育園ミルク」「保育園パンダ」と表記されている。

北海道では普通にメーカー名が書かれて市販されている牛乳と同じものが提供されてます。

このシステムは沖縄特有なのか?

スクリーンでも飲んでいる学校の児童の様子が動画で紹介されていたのですが、

みんな飲み口を開けてごくごく飲んでいるの(゚д゚)!ストローじゃないの(゚д゚)!

これまた沖縄システムなのか?北海道は牛乳パックにストローがついているけれども。

他都府県の牛乳事情が気になりました(笑)

 

そして沖縄はサイズが独特。

容量の基準がアメリカン

アメリカンな規格容量で統一されているようです。

 

見たことのある商品もあれば、初めて見る商品も。

見たことないアイスあり

こういうのが楽しいよね。

 

帰り際、お土産に「メイグルト」を頂きました。

お土産にいただきました

お味の感想で全国区の商品で例えるならば…

私は昔あったヤクルトの「ビフィール」みたいなお味だなと思いました。

私はヨーゴよりもメイグルトの方が好きだわ。

 

沖縄明治乳業での工場見学後、次の工場見学へ↓

上間菓子店

梅のお菓子でお馴染み「スッパイマン」の会社です。

11時30分までのところ、11時29分40秒に駐車場に到着。

しーさんに「走って!」とエールを送り、何とか滑り込みセーフ。

 

アイロンビーズで作った文字が可愛い!

続きましてすっぱいマンの工場見学

私でも作れるかしら。

 

リアルスッパイマン人形も鎮座されております↓

すっぱいマンもいらっしゃいます

写真の左側には顔ハメもありまして、もちろんそれも楽しみましたよ。

 

受付後に2階の工場見学へ。

輸入した梅干をこちらに入れて調味液に漬け込むようです↓

液に浸けて

残念ながらこのときは空っぽ。

 

その後、干しカゴに移されて、奥にある乾燥室みたいので一晩干すようです。

一晩干すらしい

そうよね。スッパイマンの梅ってカッピカピになってるもんね。

 

個包&検品作業の様子↓

検品作業

味付け&干された梅が手前の透明コンテナに入れられていて、

コンテナから出して人が目視しながら商品チェック。

その後、右手前側の機械で個包装されて黄色いコンテナに。

その後、再びコンテナから出して目視しながら検品作業。

奥は同じような作業ですが、飴ちゃん部門みたいでした。

 

飴ちゃんコーナーはおひとりで担当されてました↓

飴ちゃん個包

ラインを操作しながら個包装用のフィルムをセットしたり、

商品がコンテナにたまってきたら均しながら商品チェックもして不良品をはじいたり。

お忙しそうにされていました。

 

沖縄限定の品もあるようでして↓

こんなのもあるのか

こちらのお部屋は作業を終えていたので作っている様子は見れませんでした。

揚げ物調理室ってことね。

 

スッパイマンって色々あるのねー↓

揚げ物ブース

黄色いパッケージ一択ってのは好感が持てます。

 

ついつい限定商品が気になっちゃうわよね。

これ珍しくない?

この並びにあったスッパイマン種アリ梅の規格外(5粒入りなのに6粒)の大袋入り

ハネ品セット1,000円ってのをしーさんはお土産用にご購入されていたわ。

あれはかなりお得だわね。お土産の配り菓子に最高。

 

私は結局、スッパイマンパウダーの魔法の粉を自分用に購入してしまった。

ゲットした品

右のアーモンドはお土産用。

試食したけれど、梅ほどすっぱすぎないほんのり梅味アーモンドね。

 

駐車場にはハイビスカスが…何度も言いますが1月です。

花も咲いてます

すげーな沖縄。

 

スッパイマンの工場見学を終え、近場「ヨナーズ」へ。

ヨナーズ

シークヮーサーのお店です。

 

しーさんがこちらのお店に着目した理由がこれ↓

ポンジュース的な発想

何と蛇口からシークヮーサー果汁が出てくるんですって!

いざ体験↓

果汁出てきた!

おぉー!出てくるわー!

こういうの他にもあったけど、面白い。

和歌山や愛媛に行って蛇口からみかんジュース(浅草にもあるらしい)とか、

大阪梅田の地下街にあるらしい新潟のアンテナショップの蛇口から日本酒とか、

すごーく興味持っちゃったよ。

 

メイン商品たちのラインナップ↓

シークヮーサー関連グッズ

ジャムやポン酢、醤油などの試食コーナーもあり。

すごーく小さいスプーンにプルプルしながら味見用の調味料を瓶から注ぐ。

私的にはシークヮーサー入りポン酢が抜群に美味しかった。

しかしながら自宅に開封したてのポン酢があり、ここでは断念。

 

店内でも瓶詰作業が行われいる様子を観察することができます。

店内で瓶詰もしてます

こちらのお店に併設されている食堂も沖縄料理の麺や定食など充実のラインナップで美味しそうでした。

お値段もリーズナブルだったし、ご近所にあったら通っちゃうな。

 

当初、今回の旅行では、わくわくチケットで首里城に行く予定でしたが、

昨年の火災で対象外となってしまい、チケット1回分の使い道が浮いてしまいました。

何に使うか相談した結果、こちらでランチをいただくことに↓

昼食は楚辺

沖縄そば 海産物料理店 楚辺」です。

 

クーポンで沖縄そばと飲み物を頂いてまいりましたのよ↓

沖縄そば

店内は古民家を改築。増設部分と思われる部屋にはなぜかシャンデリアの照明。

沖縄そばを食べるには違和感を感じましたが、沖縄そばは美味しい。

妹ハミちゃんはお初な沖縄そばで、スープの美味さに喜んで食べ進めていました。

 

沖縄の1年の締めくくりは蕎麦ではなく、沖縄そばなのね。

沖縄は年越しもこのそばか!

沖縄そばが根強い人気ゆえか、普通のお蕎麦屋さんを見かけませんでした。

普通の蕎麦のことは沖縄では何て言うんだろうかね。

そして北海道ではあちこちにあるラーメン店もあまり数がなかったように感じました。

その分、とんかつ屋さんとステーキ屋さん、お弁当屋さんがたくさんあったな。

 

食べ終わって向かったのがこちら↓

琉球ガラス村

琉球ガラス村」です。

 

入り口にはシーサーが鎮座↓

シーサーがお迎え

凛々しいねーえ。

 

店内には販売ブースも。

ガラス製品

キラキラしてるわー。

 

奥の方にもズラズラリ↓

キラキラなガラスが多数

奥の方には自動車のガラスを再利用したガラス製品が置かれていて、

ちょっとイッタラ風で素敵でした。一瞬欲しくなったけど我慢よ。

 

なぜならば今回はコレをするからさ↓

これにチャレンジ

わくわくチケットで吹きガラス体験をするからです!

申し込み後、1時間ほど待ち時間がありました。

先に体験されている方の様子を見て事前学習をしてみたり、

店内で「どの商品なら貰う?」と利益のない遊びをしながら過ごせばあっとう間に時間となる。

 

職人さんが熱々のガラス玉をセットしてくれて、筒に息を吹きこむ↓

型に入れて空気を吹きこみ

私は息を吹きこみすぎてしまい、職人さんに「もっとゆっくり!」と言われちゃったわ。

 

妹ハミちゃんが飲み口側の形を整えている様子↓

飲み口の整型作業

左手で筒部分をコロコロしながら、右手で注ぎ口を広げるのです。

これがねー、なかなか難しい。

職人さんから「筒は握らない」「右側にもっと寄って」「足付けて」などの指示が飛ぶ。

職人さんからの指示に必死に応じようとしていると「見て」というから職人さんを見たら、

「違う!カメラ!」と同伴者の持つ写真撮影のタイミングまで教えてくれるのですよ。

完璧な接客でした。

作業自体は5〜10分で終わってしまいます。これまたあっという間に終了。

 

当初は郵送してもらう予定でしたが、完成が旅行4日目の夕方ということで、

4日目に再びガラス村へ行って商品を受け取ってきました↓

3人の作品

左からハミちゃん、ナオロマツ、しーさんの作品です。

私だけ背高のっぽになっちゃったのは息を吹きこみすぎたから。

ハミちゃんは私が水分王だから、これに入れたらたっぷり飲めるのとのアドバイスも。

そうね。これに牛乳入れてごくごく飲みまくれるわ(笑)

 

今宵の宿に向かって移動開始。

途中にあるお店に寄らせてもらいました↓

ここにも寄りました

札幌にもあるのですが、地元ならではの商品を置いているのでは?と思ってね。

私が思っていたよりも沖縄商品が少なく、そのまま普通に店内を見て歩く。

marimekko商品が充実していて、何気に手に取ったクッションカバーが11,000円(゚д゚)!

マリメッコってこんなに高いのか!と再認識。

そんなこんなでひとしきり騒ぎ終えてからお店を後にする。

 

途中、お土産リサーチを兼ねて地元スーパーのサンエーに寄り道。

前回、沖縄のスーパー行脚をした際にツナ缶の陳列棚スペースの広さに驚いたので、

妹ハミちゃんにも見せたくて缶詰コーナーに行ったら、横にスパムも並んでいる。

スパムの他にもいろいろなメーカーの物が置かれており、道産子3人衆が「どれが美味しいんだろう」とつぶやいていたら、

お買い物の来ていたうちなー美女が我々に話しかけてくれました。

「地元の人は多分チューリップが一般的だと思いますよ」

「スパムは塩味が強いから」

「今日のチューリップのこの値段は安いです」

などなど。地元人が助言してくれました。

沖縄の人は親切だー(ノД`)・゜・。

 

ちなみにチューリップはおひとり様2缶まで。

ツナに至っては1ケース12個入りを3ケースまでと書いてあったはず。

北海道でツナ缶の売り出しがあってもおひとり様3缶セット2つまでぐらいしか買えないよ。

沖縄のツナ缶事情、恐るべし。

 

今宵の宿は周辺に飲食店が多くないので、しーさんがホテルの夕食を手配済。

何時ぐらいまでに入れば良いか確認したところ、20時半ぐらいから料理の種類が減るかもとのことで、

そのぐらいの時間を目標に車を走らせる。

私が運転していたのですが、運転中にエンジンマークの警告灯が点滅表示。

2日目にして、ま、ま、まさかのレンタカーエンジントラブル(゚д゚)!!!

 

車の取り扱い書などを助手席のしーさんに確認してもらうも、車を走らせると車体が振動するようになり、

慌てて近くのガソリンスタンドに入らせてもらう。

何だい?何だい?私の運転が悪かったのかい?

レンタカー会社に連絡を取ってもらうと、車の不具合なので、代替車を今から持ってきてくれるとのこと。

ハミちゃんがスタンド店員さんの元に走り、車を置かせてもらえることに。

レンタカーのエンジントラブル

青フィットめー。

しーさんから配給されたスッパイマン食べながら待つこと小一時間。

届けられた黒フィットでいそいそとホテルへと向かう。

 

ありがとうエネオス比謝川SS店!感謝でございます☆彡

こちらのエネオスのお世話になりました

こちらのお店は優良店よ!ぜひともご活用ください_(._.)_

 

その後、車を走らせホテルに到着したのが21時前。

チェックインを済ませ、部屋に荷物を置き、大急ぎで夕食会場へ。

お料理のオーダーはできないけど、残っているブッフェコーナーの品をお召し上がりくださいとのこと。

ありがたい!それで充分ですと我々が大喜びしていたら…

「お料理は21時15分で下げさせていただきます」

「ご飲食は22時前まで大丈夫です」

「明日もご利用可能であれば、明日に振り替えた方が…」とスタッフさんからのお言葉が。

我々は明日違うホテルに宿泊するのでもはや今日しかないの!食べますから!

腕時計で時間を確認すると21時12分(゚д゚)!ギャーッ!

大慌てでトレーに皿を置き、手当たり次第に食べ物を手当たり次第に盛っていく。

 

その結果がこれですから↓

タイムアタックブッフェ

こんなに余裕なくアレコレ盛りつけたブッフェは初めてだぜ。

お料理自体はとても美味しく、出来たてはさぞや美味しかっただろうなー。

更に、料理が置かれていないブースもあったので、違うお料理もあったっぽい。

勢いで盛りすぎてしまい、「腹が苦しい」「食べきれない」ともったいないことをしてしまいましたが、この経験自体はたいそう面白い。

妹ハミちゃんのプレートはピザのすぐ近くに鮨が置かれている(私にはピザにのっかってる風に見えた)という破天荒ぶり(笑)
お店の方も我々のことを察してくださって、予定時間よりも料理を残しておいてくれたり、

デザートの片づけ段階で一言お声掛けしてくれたりと、ありがたい対応でした。

 

この日も大笑いとともに満腹になりホテルの部屋に戻る。

満腹すぎて、この日だけはビール飲まなかったような気がします。

そんなこんなのタイムアタックな1日を終えて2日目も終了。

3日目は明日に続きまーす。

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
日本レンタカー側の不備ならば何か特典つけてくれても良くない?

ガメツい発想すいまそーん('◇')ゞ

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(2), -, -

沖縄に行ってきました(1)春一番&せんべろ

1月8〜12日の4泊5日で沖縄へ行ってきました。

3回目の沖縄旅行です。

 

初回(行ったのを忘れてたけど)は高校のときの同級生と一緒に。

2回目は7年前に友人しーさんと一緒に。→

3回目は前回と同じく友人しーさんと妹ハミちゃんの3人旅。

 

妹ハミちゃんとこの時期どこかに行こうと話していたのですが、

我が家と親交の深いしーさんもご一緒にいかがかしら?とお誘いしたのです。

こちらからお誘いしたにも関わらず、旅行の手配はすべてしーさんが行ってくれました。

しーさんが見つけてきてくれたのはANAのパックツアー。

飛行機、ホテル、レンタカー、選べる夕食チケット3回、3つ選べるわくわくチケット付きで48,175円。

お安いです。さすがしーさん!感謝。感謝。

 

前回の沖縄旅行の際はすでにブログを開設していて、旅行のことも書き綴っているのですが、

あっさりとしか書いておらず「前回何したっけ?」「何食べたっけか?」状態に。

なので今回は細かく記したいと思います。

長文シリーズになりますが、よろしければお付き合いくださいませ(笑)

 

【荷物準備編】

沖縄旅の荷造り

鞄系はこのふたつ。

亡き祖父もんじろうの使っていたコロコロキャリーバッグと移動用のリュック。

 

防寒着↓

防寒着

出発地は極寒の北海道ですが、目的地は南国の沖縄。

道内では薄着+夏靴スニーカーでしのぎ、沖縄では帽子+ストール+ワークマンのアノラックパーカーを着用の予定。

 

洗面系など↓

洗面&入浴関係

まぁ、こんなもんでしょう。

若干、次の写真と同じ物が映り込んでおる。

 

医療系↓

今回は怪我してまして…

お正月のなます材料の千切りで自分の爪まで包丁で切るという失態があったため、

今回はその関係の処置セットがマストアイテム。

沖縄は暑いから虫に刺されるかも?とビビり、虫刺されパッチや虫よけスプレーまで持参。

 

衣類系↓

パッキング

今回はホテルで連泊しないため、衣類多めになってしまいました。

パジャマ用のロンTを持参したけど、ホテルにパジャマあったのでこれいらんかったな。

だけど帰りに割れ物包んで帰ってきたからヨシとしておこう。

 

その他↓

モバイル&手荷物系

エコバッグ、旅財布2、ICカード、充電、モバイル関係、化粧ポーチなど。

これまた肩掛け財布、キーボード、スマホスタンドは使わなかったので不要だったな。

 

機内おやつ↓

機内用おつまみ

フライト中の酒の肴ね。

 

【沖縄旅行:1日目】

自宅近くの高速バスのバス停から乗り込み、1時間弱で新千歳空港到着。

新千歳空港着

空港で妹ハミちゃんと合流。

しーさんは道東からスタートするので沖縄集合&解散なのです。

 

お正月頃から沖縄と新千歳のお天気チェックを欠かさなかったのですが、

何と予想外の関東地方「春一番」となる低気圧が接近。

今回、行きの飛行機は静岡空港経由便となっており、出発がどうなるのか緊迫が走る。

すでに成田行きの便は欠航。我々の飛行機は天候調査対象の便となってました。

しーさんと電話でやり取りをし、この旅の相談をするぐらいの悪天候。

結局、行き先が伊丹または中部国際空港に変更になるかもという状況でしたが決行することに。

 

頼んだよANAくん!

頑張れ飛行機

 

午前中の便だけど、景気づけに飲むよね。

機内でクラシック

北海道発だから、やっぱりクラシックでね。

 

しばらくは安定したフライトが続くも、途中でヨシダ機長からのアナウンスに若干ビビる。

「着陸空港の風速」「着陸空港変更の予定もあり燃料はたっぷり積んでいるのでご安心ください」

そ、そうなのね。

私たち乗り継いで沖縄に向かうので、できれば静岡に降りたいのだけれども…。

 

着陸のため降下を開始しはじめると揺れ始める。

私は高所恐怖症ですが、飛行機に絶対的な信頼を寄せているので揺れても怖さを感じません。

揺れることよりも静岡の茶畑の方が興味深く、妹ハミちゃんにも「すごくなーい」とのん気な発言。

茶畑

しかし、この後が予想外の展開だった。

揺れてるけど着陸態勢に入り、窓から滑走路も確認できるぐらい近づいたのにギュイーンと上昇。

操縦席の機器が危険と判断し警報が表示されたため一度上昇し、再度着陸を挑みますとのアナウンスが。

「ぜひお願いいたします!」という気持ちとともに、乗り継ぎ便の時間が迫る。

もし静岡に降りれなかったら…という状況もハミちゃんと相談。

ANAのツアーだから沖縄まで送り届けてくれるだろうけど、伊丹で沖縄便がなかったら大阪泊か?など。

 

2度目も同様の状況となり、再び上昇。そして機長のアナウンス。

「上空で旋回し、管制官と地上の風が落ち着くかどうかの連絡を取っている」

「3度目の着陸を挑む予定ですが、伊丹および中部国際空港も現在の気象状況では着陸が難しいため、一番着陸が可能な状況の羽田に向かいます」

「羽田に向かうことになっても燃料は充分にありますのでご安心ください」とのこと。

羽田?それはそれでアリかもね。もしかして羽田経由のしーさんと合流する便に乗れるかい?という展開が頭を過る。

 

3度目の正直!3回目のトライが一番揺れましたが、静岡空港に着陸。

機内から拍手が。同じ列のお姉さんは静岡在住の方だったようで、「帰れなくなるかと思った」と言ってました。

お姉さん、良かったね!羽田でも良いかもと邪な思いを抱いてごめんね!

タラップから降りる際に操縦席に居るお世話になった機長達を覗くと目が合い会釈をされる。

興奮しハミちゃんを呼び止めると、ハミちゃん操縦席に向かって手を振ると振り返してくれる。

私も一緒に手を振り、二人ともヨシダファンに。ズキュンとやられました(笑)

 

後からリアルタイムで現地の天候をリサーチしてくれていたハミちゃん夫のおひーさんの話によると、

このとき京都側の日本海に台風並みの低気圧があったんですって。

それだもん、なかなか降りれなかったはずだわー。

 

到着時間が乗り継ぎ便の時間を裕にオーバーしていたにも関わらず、乗り継ぎ便のアナウンスがないなと思っていたら、同じ機体で那覇へ向かうらしい(゚д゚)!

予定時間より遅れるも、待ち時間にコンビニで現地ビールを調達↓

続きまして静岡

これを持って再び機内へ乗り込み、再びヨシダ機長とともに沖縄へ。

 

乗り込んですぐ後方の乗客より「このシートが嘔吐物で汚れている」との声が。

急上昇や着陸態勢時の左右の揺れなどで具合が悪くなっていた方が多かったのね。

そんな中、「富士山はどこだ?」「茶畑すごーい」なんて私はのん気すぎたか?

離陸時こそ少し揺れましたが、その後は順調。

我らがヨシダ機長は後れを取り戻すべく操縦しているとアナウンスあったけれども、

なんも気にすることないぞ。安全第一。君こそ疲れているのに申し訳ないわー。

 

ようやく沖縄↓

沖縄の海あおーい!

海が青ーい!

 

無事、那覇空港に到着↓

那覇空港

ヨシダ機長お疲れさまでした!

長いこと座っていたからお尻が痛いけど、無問題だわよ!

 

空港からゆいレールでホテルへ向かう↓

ゆいレール

7年ぶりね。お久しぶりです。

 

そうそう。こんな感じだったわー。

切符購入

ゆいレールは24時間制の乗り放題チケットもありますが、今回は切符で。

しかし、切符を購入して改札を通そうと思っても切符を入れるところがない(゚д゚)!

なんだい?これはどうするんだい?と思っていたら…

 

何とQRコードをスキャンさせて改札を通るの!

なんと!ピッてする切符だ

これはJR北海道や札幌の地下鉄も導入したら良いのではないだろうか。

 

ゆいレールの列車。久々のモノレールにウキウキ。

お世話になります

北海道の18時前なんてすでに真っ暗だけど、沖縄はこんなに明るいの。

日本の南北の長さを実感。

天気予報でリサーチしていたけど、思っていたよりこの日は寒い。

持ってきたフリースがこちらでも役立つとは。

 

美栄橋と牧志駅の中間ぐらいに位置するホテルにチェックイン。

3人なのに4人部屋

3人だけど4人部屋でゆったり。旧館っぽいけど満足なり。

 

しーさんが沖縄に到着するのが20時の予定。

しーさんより「沖縄はせんべろが有名らしいから飲んでて」とのメッセージが。

沖縄はそんなにせんべろ先進県だったとは知らなかった。

時間も早い時間帯からやっているお店もあるみたい。

最高だ(´艸`*)ぜひとも札幌も見習っていただきたい。

 

数あるせんべろ店の中から、リサーチの結果こちらのお店へ↓

沖縄でせんべろ 足立屋

「大衆酒場 足立屋」

検索したときは老舗店として紹介されていました。

酒場なのに営業時間は驚異の6時から(゚д゚)!閉店は早めの22時。

千円で飲み物3杯とおつまみ1品というシステムは安い!

 

店内のカウンター席に座り、黒板のメニューを確認↓

好きなおつまみ一品チョイス式

鮮魚のブツ切りが品切れでした。残念。

 

生はもちろんオリオン一択!それしか置いてないそうです。

生はオリオンのみ

オリオンの生は道内じゃなかなか飲めません。

やっぱり生ビールは美味ーい(*´з`)

 

肴は名物らしい「もつ煮込み」↓

もつ煮

沖縄だけど、味付けは東京の下町らしい(笑)

 

「揚げ物4点」↓

串揚げ

赤ソーセージ、レンコン、うずら、ベビーホタテの4種。

沖縄は揚げ物文化なのか、せんべろ店のラインナップに串カツが多かったような気がします。

 

おかわりのやり取りは王冠で↓

おかわりは王冠で把握

せんべろは先払い。注文の品は商品が届いた際に現金で。

このマスに入れてやり取りするそうです。

 

黒板で気になっちゃったハマグリの酒蒸しを頼んじゃった↓

追加でハマグリ酒蒸しも

1個50円は安い!

個人的には焼きが好きだけど。

ハマグリ刺して揚げてくれても美味そうだなー。

 

隣の席に座った大分出身のご夫婦とお話が弾み、その後なぜか記念撮影までしました。

これまた旅の良い思い出だわよ。

 

しーさん沖縄着の連絡があり、一旦ホテルに戻る。

しーさんからは再びせんべろに行かないか!とのお誘いもありましたが、

しーさんのお腹具合なども伺い、近場で調達してホテルで翌日からの打合せなどを行うことに。

 

ファミマで調達した缶ビール↓

期間限定オリオン75ビール

沖縄だもの。やはりオリオンで。

 

見たことのない飲み物も↓

お初なヨーゴ

全国区でお味を表現するならば「ビックル」的なお味でした。

ファミマには地域限定商品が多数置かれていて、中でも「タコス巻き」が超美味かったのよ。

コンビニ商品でこんなに美味しいと感じたのは久々。衝撃でした。

 

そんなこんなで初日からスリリングだった1日目も終了。

2日目は明日に続きまーす('ω')ノ

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
長文シリーズでは誤字脱字乱発が予想されます(フィンランドのときも酷かった…)

「あ、コイツまーた間違えてる」と温かい目で見ていただけると助かりますm(_ _)m

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(0), -, -

札幌中央卸売市場 場外市場へ行ってみた

ここ最近のマイブームは「しめ鯖作りです!」と言っても過言ではない私。

美味い鯖を求めて、札幌では一番大きいと思われる市場に行ってきましたよ。

母に話を聞いたところ、幼少期に札幌在住だった頃は地方発送のために行っていたようですが、

大人になってから行ったのは初めてではないかと思われます。

 

それがこちら↓

札幌中央卸売市場 場外市場

札幌中央卸売市場の場外市場です。

無料駐車場に車を停め、さっそく市場付近に潜入。

観光客と思われるお客様多数。

そんな中、思い付きで潜入するナオロマツ。

どうやら客引きの店員さんからは観光客と間違われたのか、

蟹どうだい?みたいな勧誘を受けるも、まったくもって蟹に興味なし。

私の狙いはしめ鯖用のマサバですから!

 

客引き店員さんに聞いたお店は塩サバしか置いてなくて、

そのお店の人に聞いたらこちらに行けとのこと↓

お魚に特化した売り場へ

こちらのお店は魚に特化しているらしい。

 

いざ潜入するも、土曜日の10時過ぎはすでに出遅れすぎていたようで、

もはや活気を感じられず。

それでもお店のラインナップを楽しみながらパトロール↓

雑多としている

生ガキ、タラバ蟹、毛ガニ、アワビなどが目につきましたな。

あー、面白かった。

 

他のお店もパトロールした結果、私の欲するマサバはこの店にありそうだ↓

ここに行くことに

たのもーう!

 

こちらも色々なお店が入っていて面白いのなんの(´艸`*)

いろいろなお店が入ってた

野菜、乾物、肉、揚げかまぼこ、漬物、卵焼き、入れ物容器などなど。

 

鮮魚店も数店入っており、私はこちらのマサバにロックオン↓

道内産のマサバをゲット

道内の白老産の生鯖。

こちらのお店ではリクエストに応じてさばいてくれます。

今回は3枚におろしてもらい、ハラスの骨はそのまま残してもらう。

自宅でさばくと生ごみが出るけど、こちらで購入するとこういった特典ありね。

初めてしめ鯖を作ったときは魚をさばくところからスタートしたので、

お店でおろしてもらえるだけでハードルがすごーく低くなるのを実感しました。

 

下処理してもらったマサバがこちら↓

さばいてくれます

1本680円と表示されていましたが、お会計の際、魚体が小さいからと500円にしてくれました。

そんなところも市場の楽しいところなのかもしれないわーと実感。

 

たまたま実家に帰る日だったので、こんなのも買ってみた↓

おまけの戦利品

甘いたまごやき。家では作らないからね。

これを切って太巻きに使ったら美味そうだなー。

 

実家にて↓

実家にて

先ほどの鯖をしめ鯖にして、実家にて試食会。

魚体が小さいからと500円にしてもらった鯖でしたが、

しめ鯖となったのを見た母は「こんなに大きいしめ鯖はなかなかないよ!」と大喜び。

(うちの母はしめ鯖熱愛者です)

 

一度行ってすっかり魅力に取りつかれ本も買っちゃったよ↓

買っちゃうよね

この本で勉強したところ↓

・魚に特化しているらしいのは「さっぽろ朝市」というお店。

 一般客も卸値で買えるプロご用達の朝市。

・札中卸センターは「まるでタイムカプセル」「昭和の商店街がここにある」

 共栄水産の土曜日限定本マグロ丼800円が気になりすぎる!

 おかず工房の天丼とか、うなぎ屋さんとか、興味津々だぜ。

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
来年の趣味は市場通いか?

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(2), -, -

フィンランド(ヘルシンキ)帰国日と戦利品

【8月4日 6日目】

 

ついにきてしまった最終日。

前日までにほぼ買い物を終えているので、前夜のうちにパッキング。

私の荷物事情はこんな感じ↓

スーツケースはこんな感じ

スーツケースの左側が衣類など。右側はお土産オンリー。

右上のGUショッピングバッグにはプチプチシート入ってます。

今後の出番はあるのか?

 

妹ハミちゃんが貸してくれたレスポの巨大バッグ↓

免税品ははみちゃんが貸してくれたレスポートサックへ

免税品を開封できず、空港の手続きの際に必要なため、

全てこのバッグにつっこんだらこんな状況に。

本当にハミちゃんが貸してくれて良かったわよー。

紙袋ごと入っているからパンパンです。

 

最終形はこんな感じになりました↓

最終形はこんな感じに

スーツケースよりレスポの方が大きく見えるのは私だけ?

いや、そんなことはないわね。

 

恒例つなりつつある朝活サウナ。

フィンランドリピーターでもあるナオミリーダーはサウナ経験なしということでお誘いする。

少し遅めだったためかお客さん沢山。人種も様々。

ナオミリーダーもお嫌いではなかったようです。良かった。良かった。

 

ホテルをチェックアウトし、荷物はそのままホテルに預かってもらう。

部屋のカードキーと同様の物がお借りすると、ホテル入り口のバゲッジルームに自分で入れる。

飛行場に行くまでは電車(1)(7)番で市内観光。

 

車窓から見えるところも大きなマーケットらしい。

ここも行ってみたかった

このときはレンガ造りの建物が改装中でした。

そういえば、今回のフィンランド旅行では改装中のところが多かったな。

空港も大々的に工事しいていたし、街中もけっこうな勢いで工事していたな。

 

電車の車内にて↓

トラムのシート

 

よーく見たらシートのイラストが路線図みたいになっている。

地図になっている

かわいらしいのーう。

 

右側の建物はお世話になりましたストックマン↓

ストックマン

信号が普通に見せかけておきながら、

日本でいう「赤信号だけど右折車のみ進め」という表示が、

赤信号の中に矢印表示が出るというシステムでした。

それはそれでかわいらしい。

 

私が「大通公園」と呼んでいたEsplanadi↓

札幌で言えば大通公園

この公園の中も歩きました。

砂利が敷き詰められた道だったので、またまた靴に石入る。

実はまだパンくずを持っていて、小さな小鳥にあげたかったんだけど、

小さい方々はビビり屋さんなもんで食べてもらえず。

この日も朝からモリモリホテルの朝食を食べてしまい、

お腹が満腹でお昼に港の屋台で地元料理を!という胃袋状態ではない。

その様子を横目に通過。地元料理はまた今度ねー。(また来る気満々)

 

あらあら?

日曜日だから何かイベントでしょうか↓

大通公園に民族衣装の方々が!

民族衣装を身にまとった集団を発見。

 

再び昨日も行ったiittaraへ↓

大通公園沿いのiittalaへ

飲み物サービスありがたく頂戴いたしまーす。

 

高くて買わないから小鳥ガラスオブジェは写真に収めちゃう。

鳥オブジェは高すぎちゃん

この後、ひなこちゃんはこちらのお店でお安く素敵な品を購入されていました。

いい買い物だわー。買って良かったと思うよー。

 

滞在中、あまりの寒さでアイスクリームに手を出せなかったのですが、

もう最後だから食べましょう!ということで初日訪れたカフェへ。

またまたチョコレート屋のカフェへ

 

たくさんあって迷っちゃう。

どーれーにーしーよーうーかーなー

 

私は迷った挙句、お店の代表的なチョコレートのアイスにしてみました。

代名詞と思われるチョコレートにしました

美味し。

 

ホテルの荷物を回収し、ヘルシンキ駅のバス停から出るフィンエアーの空港行きバスに乗車。

悲しいかな遂に帰国

さようなら、ヘルシンキよー。

車中ではお財布係を務めてくれたナオミリーダーから各々に返金。

2.2€の返金でした。

ナオミリーダーは地元人のように地図も見ず歩けちゃうし、やりくり上手とはスバラシイ。

 

ヘルシンキ空港到着↓

空港到着

ま、まずは免税手続きだ。

支払い金額40€以上で手続きしたやつの空港手続きだ!

これは出国後には手続きできず、返金してもらえないらしいので必ずやらねば。

 

私は2か所で免税手続きをしなければならないの。

1つ目が「Global Blue Refund Calculator」これがなかなかの長蛇の列!

うっかり私もそうなりかけていましたが、空港に着いてから必要事項を書き込んでいる人がいたり、

カウンターも二人しかいなかったりでかなりの時間を要しました。

 

もう1つが「e-tax free」こちらはスッカスカであっという間に対応していただけました。

こちらのカウンターのすぐ近くの入り口付近に荷物を計れるのがあったので、詰めては重量チェック。

スーツケース1つに対して23圈幣絽2個まで)まではOKらしいので私はギリギリを狙う。

marimekkoで購入したリュックもようやく出して使えるようになり、私の手荷物はこのリュック1つで。

日本から持ってきた古いノースフェイスのポケッタブルリュックは、ひなこちゃんの機内預け荷物用袋となりました。

何とか手続きも終えてホット一安心。

我々の乗る飛行機はこの中に表示されているはずだ。

予定通り飛びそうだ

出国手続きはパスポートをスキャンして、カメラで顔認証してもらうというセルフスタイル。

初挑戦でした。入国時よりも時間もかからず終了。その後はあまり時間なし。

免税店でひなこちゃんのご主人の腕時計リサーチ。

良いお土産を買えたようで良かった。良かった。

 

いざ搭乗口へ!

レリーフもステキ

巨大レリーフが飾られておりました。雰囲気ある。

 

53番ゲートのJALさん。よろしくおねがいいたします。

お世話になります

カウンターにいたお姉さんが搭乗口にも登場。

みなさま、いろいろと兼務されているのね。お疲れ様です。

 

シートにはすでにお水がセットされていました↓

すでにお水はセットされていた

この方法はスマートで良いんでない?

 

帰りも用意されているのは日本のビール。

まずはヱビスから↓

エビスからの

 

続けてプレモル↓

プレモル

 

ややしばらくしたらお食事提供↓

からの白ワインと機内食

チキンにクリーム煮と豚肉の味噌炒めごはんだったかな?

2食目が和食だと提供時に教えてもらったので、クリーム煮にしてみた。

 

隣の外国男子がドレッシングをどうやって開けるんだ?と聞いてきた。

何やらジョークを交えて言っている内容はなんとなくわかったんだけど、

それに対して返答することのできないこの語学力…残念。

外国へ行くと「英語が喋られればなー」って毎回痛感するんですけどね。

それが持続しないから、いつまで経っても喋れないー。残念。

 

デザートにアイスも出ました。アイスは万国共通で美味い。

美味し

食べ終わったら暗くなり、寝ろ寝ろ攻撃。

何となく寝るんだけど、なんか枕とか頭の位置がしっくりこなくて眠りが浅い。

うーん。うーん。眠れないなーと思っていたら…

 

明るくなり食べろ食べろ攻撃↓

鮭がうまかった

あぁ。和食っぽいね。

フィンランドの鮭がとっても美味しかったです。

あー、お茶漬けとか食べたいー。

 

帰りの機内でもチームリピーターが機内販売商品を購入されていて私大満足。

 

【日付も変わり8月5日 日本に帰国】

 

そんなこんなしているうちに成田到着。

成田空港内でイモトのWi-Fiを返却し、今度は成田から羽田行きのリムジンバスに乗車。

帰りは羽田から新千歳へ飛ぶのです。

バスは高速を走るも、高速が渋滞しており途中から一般道へ。

羽田につくもかなりギリギリ。

搭乗手続きカウンターにも長蛇の列で、JALのお姉さんに出発便を伝えるも、まだ大丈夫だと並んで待つ。

我々の番にくる直前に「新千歳便の方ー」と優先窓口への呼びかけがされていましたが、もう大丈夫。

 

羽田ではお土産を見るような時間もなく搭乗口近くで待つも、若干の遅延。

出発時刻に遅れなくて良かったよー。無事に北海道へ帰れそう。

 

羽田からの新千歳便は大きい機体だったようで、

何とこんなのがついていた(゚д゚)!↓

成田からはフリーWi-Fiって!

国内線で無料でWi−Fi飛ばしてるんなら、国際線で飛ばしてくれよーって思っちゃった。

ま、Wi-Fiなかったから映画3本も見れたんだけどさ(笑)

 

国内線でもチームリピーターが機内販売商品を購入されていた。

あぁ。お二人とも気持ちの良い買いっぷり。すっかりファンだわ( *´艸`)

 

新千歳空港にも無事到着。

別方向に変えるひなこちゃんとはここでお別れ。

クレジットの請求が届いたくらいに今回のメンバーで集まって反省会したいね!とお約束。

(請求が届くことで貸し借り分の清算もする予定になるのかな?)

私はちょこっとだけ新千歳空港でお土産の品をチラ見。

だってー、私、国内の空港で一番好きなお土産売り場は新千歳空港なんだもーん。

地元の物が中心だけど、空港じゃないと買えない品とかもあるのよね。

その後、ナオミくんの車のお世話になり帰宅。

道中は今回の旅仲間で作ったグループLINEに写真送りまくり。

あんなに寒かったフィンランドから戻れば本当に激暑でした。

丁度良い時期に国内を脱出していたのかも。まぁ、あちらは夏とは思えない寒さだったけどね。

 

夕方前に無事帰還。

今回用意したユーロ。けっこう残っちゃったな↓

ユーロ残金

また次に来て免税品たくさん買ってってよってことかしら?(笑)

 

スーツケースにはこんなタグが↓

この重量で帰国

重くってすいまそん('◇')ゞ

 

免税品はこんな感じでパッキングされていましたよ↓

Iittalaぐるぐる巻き

ぐるぐる巻き。

 

開封↓私が買ってきたラインナップがこちらなの。

Iittala

カップはどうしようかなーと思いつつ、免税額にするのに買うかぐらいの感覚でゲット。

クレジット支払いの買い物は感覚がおかしくなってくるねーえ。

 

日本国内では飼えなくなってしまったオリジンズを発見して買いました↓

ストックマンでORIGINS

本当は大きいサイズを2本買いたかったのですが、在庫がなかったため大小1本ずつ。

ひとつは妹ハミちゃんへの誕生日プレゼントです。

姉妹ともに愛用しているんですわー。

 

続きましてmarimekko↓

marimekkoリュック

左は定価で買いました。右は総本山でかなり安く買いました。

私、marimekkoの帆布バッグは2つ持っているのですが、

リュックの日本での価格設定を知らず、驚きました。

左で約半額ぐらい。右は1/3ぐらいの価格でゲットできたかもしれません。

 

寒さもあり衝動買いしてしまったストール↓

marimekkoストール

ストールを買うときに日本でこの価格だと買わないかも。

旅行でハイになっていたんだなー。あと寒かったし。

 

marimekko総本山の端切れ争奪戦の戦利品↓

marimekko端切れ争奪戦の戦利品

圈25€という日本での相場をご存知の方には激安価格らしい端切れ。

お裁縫をする妹へのお土産として購入。

帰国後、お土産を渡した際にちゃっかりこの生地で手提げ袋をお願いしてしまいました。

手元に届いたらご紹介したいと思います。

ハミちゃんよろしくお願いいたしまーす(*´з`)♪♪♪

 

marimekko総本山で購入してしまったワンピース↓

marimekkoワンピース

可愛らしいデザインで有名なmarimekkoなのになぜ黒?

marimekkoというよりか、ヨージヤマモト寄りな?

「これmarimekkoなんです」と言って歩かないと気付いてもらえなさそう(笑)

でもね、写真じゃわかりづらいけどデザインが変わってるんです。

しかも冠婚葬祭にもいけそうな感じでね。

この年になると「冠婚葬祭」という言葉に激弱になります。

 

19€のマリメッコ手提げバッグ↓

marimekkoずた袋

ワンシーズン前のデザインみたいです。

現在の店舗で定価で売られているやつには左下のタグがないらしい。

タグがあるのが個人的には可愛らしいんでない?と思ってます。

家族のチーム女子で分け合う予定。

あ、家族のチーム男子が使ってもいいけれども。

 

同じような形の物が続きます↓

図書館ずた袋

買物のときのエコバッグとか、部活(ジム)の着替え入れにしようかと。

日常使いをして、日々旅を振り返ってニマニマするのだ。

 

配り土産系↓

お土産たち

自分で使うやつとか、自分で食べるやつとか、配り土産とか。

ムーミン率高いね。だってムーミンの出身地だもの。

今回はリサーチ不足だったので、ナオミリーダーに聞いて買った物も多数。

「フィンランドの〇〇が良かったよ!」「〇〇ってのが美味しいの」などの情報求む。

だって、また行きたいもん。

 

帰国日当日にここまで終え、私の今回の旅行も完結です。

 

 

【旅の振り返り】

・目的地の天候は十分にリサーチすべし

 〜日本が暑くて油断した(*_*) 寒い地域にはがさばらないヒートテックを上下で持つべし

 〜ジャンパーやコートみたいな防寒着があっても良かったかもしれない

・行きの荷物に水を持て

 〜今までの私の旅行の荷物にはなかったけれど、これはあっても良いのかもね

・困ったときのインスタント食品

 〜これまた今までの旅にはなかった持ち物ですが、物価が高い国だとたいそう助かるのかも

 〜もしかしたら携帯用ケトル購入の日も近いのか?

 〜でも私は食いしん坊で現地の食べ物を攻めたくなるからなー…悩みどころであーる

・少しぐらい荷物が増えても良いんだぞ

 〜荷物軽減ばかりを考えてパッキングしてしまう私ですが、今回は現地の水と乾燥にやられたのか帰国後お肌ボロボロ

 〜石鹸とトリートメントしか持って行かなかったけど、シャンプーとリンスぐらい持っていけば良かったかも

・やはり下調べは重要だ

 〜6月が忙殺だったので準備できず、7月は事後処理でちょっと忙しかったので旅リサーチ成績悪し

 〜リピーターの方が一緒だったので大変助かりました!楽しい旅行ができました♪ありがとう('ω')ノ

・言葉がねーえ

 〜フィンランドは思った以上に英語表記が少なかった!話せなくても書かれてあると助かるのだが…

 〜今回もまた「英語ができればー」と思うこと多数でしたが、直前にスマホに入れたLINE英語通訳が便利でした

・Wi-Fiは大事だな

 〜困ったときのインターネットだよねー

 

…異常が今現在思いつく振り返りです。

次回の海外旅行がいつになるのかわかりませんが、今回の振り返りを役立てたいわ。

 

 

ちなみに、新千歳空港発着便のチケットできちんと美味しい思いもしましたぜ↓

航空券でビールゲット!

今年は行けないかも(゚д゚)!

そう思っていた大通公園のビアガーデンでタダ酒飲めて嬉しかったでーす(笑)

最後までフィンランドは良いお国だ!

以上で今回の旅の報告は終了です。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
クレジット請求が怖い!

今年の自分へのお誕生日プレゼントはフィンランド戦利品ということで('◇')ゞ 

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(6), trackbacks(0), -

フィンランド(観光2)行ってきました(6)

【8月3日 5日目】

 

この日も朝活サウナ。

貸し切りスタート。そしてその後、昨日と同じ日本の方がいらっしゃいました。

日々、サウナの顔ぶれ変わらず(笑)

 

ホテルの朝食会場より。

連日寒くてテラス席になんて出られませんでしたが、

晴れていたこともあり、えいっと出て街の眺めを楽しむことに。

ホテルからの眺め1

下から見上げる景色とは違う。

連なっている感じがヨーロッパ感あり。

 

こちらの方向はカンピ礼拝堂(通称:曲げわっぱ)も見えます。

ほら、ここにね↓

ホテルからの眺め2

週末に向け、曲げわっぱ礼拝堂の前にはホッケー会場が設営されてました。

皆さん、週末は楽しく過ごされるのねー。

 

ヘルシンキ駅近く↓

ホテルからの眺め3

奥の方には前日に行った大聖堂や寺院も見えます。

意外と近い。

 

今日もまた上の写真方面へ行き港へ。

本日の観光は乗船からのスタートです。

4日間乗り放題のチケットは船にも乗れちゃう↓

昨日の港から船に乗ります

一回改札に通した後は取り出して使うことがなく、今回の乗船にも提示する必要なし。

あまり取り出す機会がなかったけれど、デザインはこんなに可愛らしいの。

 

あっという間に出航。いってきまーす('ω')ノ゛

あっという間に離れちゃう

陸の上も寒いけど、海上は更に寒い。

持参したストールをマチコ巻きで頭も首もぐるぐるに巻いて寒さをしのぐ。

 

目的地には約10〜15分で到着。

世界遺産に到着

ユネスコ世界文化遺産「スオメンリンナの要塞」です。

 

検索したところによりますと↓

フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された星型の海防要塞。

ユネスコの世界遺産に登録(1991年)されており、観光客のみでなく、地元民にとっても美しい行楽地として人気あり。

当初の名前はスヴェアボリ(Sveaborg, スウェーデンの要塞)だったが、

1918年に愛国主義的な理由からスオメンリンナ(スオミの城塞)と改称された。

 

1748年にスウェーデン=フィンランドはロシア帝国に対する守りを目的として要塞の建造に着手。

島の要塞自体に加えて、本土の臨海要塞群が足がかりとなる海岸堡を築けないようにしていた。

計画には駐留スウェーデン海軍とフィンランド分遣隊全体の軍需品の備蓄も盛り込まれていた。

フィンランド戦争中の1808年5月3日に要塞はロシア軍に占領され、

1809年のロシア軍によるフィンランド占領の足がかりとなった。

1855年のクリミア戦争のときには、イギリス海軍とフランス海軍による艦隊の艦砲射撃で損害を被った。

1973年には民政下に置かれるようになる。

 

とのことです。なるほどね。ヨーロッパに歴史あり。

 

地図を確認↓

地図

確かに島が6つあるね。

船着き場近くにはスーパーもありました。

現在も約850人の人が実際に住んでいるとのことです。

 

いざ世界遺産へ!

ポケットには昨日から持ち歩いているパンくずを忍ばせてね。

これも持ってな

 

トンネルをくぐると

スオメンリンナ1

 

早々に飲食店↓

スオメンリンナ2

観光地だもんねー。

こちらのお店の他にも美味そうなイタリアンっぽいお店とか、

お土産屋さんとか、ヨガのイベントやっていたり、

外でビールを飲めちゃう飲食店なんかもありましたわー。

飲食店も気になりますが、私は履いてきた靴に砂利が入りまくる。

こちらを散策する場合はスニーカーがお勧めね。

 

スオメンリンナ教会↓(1854年築)

スオメンリンナ3

航空と海上交通用の灯台として特別に造られたものだそうです。

 

この教会を越えた草原に…

あら?

あら?

 

あらあら?

あらあら?

 

何なのあなたー(*´з`)

お初にお目にかかりますー

見たことのない鳥さん(アヒルサイズ)に遭遇。

この鳥さん、入国した日のヘルシンキ駅近くで見かけたのよね!

ようやくお会いできましたー( *´艸`)

人間に対して怯えない積極性をお持ちでして、パンくずを隠し持つ私の周りに集まる。

そして中にはいじわるさんも居て、自分が食べれているのに、食べられない子の羽根に噛り付いたり。

私、大満喫。

旅の仲間も遠巻きにマチコ巻きの不審な餌付けおばさんの写真を撮られて楽しんでいらっしゃいました。

 

その後、トイレやお土産屋さん併設の資料館へ↓

資料館にて

島の全体模型。

 

夏はこんな感じだけど↓

夏のスオメンリンナ

 

冬にはこんなになってしまうらしい↓

冬のスオメンリンナ

この様子だと、冬は海を渡って来れちゃうのかしら?

冬はオーロラも見られるらしいし、冬季も興味あるわー。

 

引き続き観光↓

スオメンリンナ4

 

なんかね、牢獄みたいなところだったらしし。

スオメンリンナ5

 

石の造形物って素敵よねー。

スオメンリンナ6

 

要塞だったので、こういった物が点在してます。

スオメンリンナ7

 

あら?海辺に降りる階段の手すりにかわいこちゃん発見↓

あら?

スズメチックだけど、スズメではなさそう。

 

あら!親子連れじゃないですかー。

あらあら?

白鳥を見てウハウハしましたが、もう少し前方には泳いでいる男性も居ました。

こちとらマチコ巻きで寒さに耐えているというのに…サウナ発祥の国の人はスゴイ。

 

デカめの大砲も発見。

スオメンリンナ8

道産子なもんで、「大砲」の変換が「大鵬」になることがあり焦る('◇')ゞ

 

トンネルの中は通路になっているらしいです。

スオメンリンナ9

 

海辺の方に出ると↓

タイムスリップ?

拡大して確認したらわかるかな。中世の方っすか?

ちょっとディズニーシーみたいでない?

 

王の門↓

スオメンリンナ10

要塞の表玄関だった場所で、スオメンリンナのシンボルと考えられてるそうです。

 

以上がスオメンリンナの要塞でした。

地元の方の行楽地でもあると前述しておりますが、

みなさんピクニックしにきたりするんだろうなー。

帰りのフェリーは日付を越えた深夜の便もあるようです。

朝は早く、夜も早い(仕事を終えるのが)イメージを勝手に持っていたので、ちょっと不思議

 

帰りのフェリーではお利口わんこちゃんも乗船↓

お利口わんこちゃんと帰路につく

ペット大国なのでワンコはしつけが行き届いている子が多く、

こうやって飼い主と一緒に移動できちゃうのねー。

ペットにも人間にも幸せな国ね。亡き駄犬ごろにも見せてやりたい。

しかし、この環境は終始、動物が苦手なひなこちゃんを脅かしていました(笑)

 

港近くの大通公園(正式名称:Esplanadi)沿いのiittalaへ。

通称大通公園イッタラ

かわいいね。定価からの30%オフですってよ!

こちらの店舗は他店では行っていなかった大々的なセールをやっているお店だわ。

 

ムーミンカップ↓

屋根も陶器なら良いのにー

ピッチャーは陶器の屋根付きだけど、カップはディスプレイ用の紙の屋根。

これはどう考えても陶器で作るべきでないだろうか?

陶器の屋根付きカップだったら買ってたな。

 

またも朝食をたくさん食べすぎてしまった我々。

こちらのカフェでお昼は軽めに済ませることに↓

カフェアルトへ

 

アカデミア書店の2階にあります。

こちらの本屋の

 

アカデミア書店の書籍量が半端ない。

2階にある

言葉の意味が分かれば読みたいところなのですが、

私は日本語と文鳥や犬などとの意思疎通しかできないの( ;∀;)

 

カフェアールト↓

シャレオツ

アルヴァ・アールト設計なんですって。

とってもオシャレ。

 

本当はシナモンロールを食べてみたかったんだけど、

何と昼過ぎにして完売(゚д゚)!

人気商品ならもっと用意しても良いんじゃない?と言いたいけれども、

全くもってそんなことを伝える語学力もなく、違うものを注文。

シナモンロール品切れ残念!

カフェアールト特製キッシュとブルーベリータルト。

キッシュはたっぷりのほうれん草に角切りチーズがゴロンゴロン入っていました。

とても美味し。

私、きちんとキッシュって作ったことないから、興味沸いてきちゃったわ!

ブルーベリータルトは美味しかったです。ボリュームもすごかった。

 

階下のスタバでご当地カップを見ちゃう。

スタバご当地カップ

このカップも度肝を抜く大きさでした。

ヘルシンキ柄とフィンランド柄。どちらも可愛いな。

 

腹ごなしも済み、ヘルシンキ市立美術館「HAM」へ行くことに↓

美術館へ

手荷物はクロークに預け、いざ館内へ潜入。

 

ムーミン作者のトーベヤンソンの常設展示がありました↓

ムーミン作者

 

初期のフレスコ画↓

初期のフレスコ画

 

左隅にムーミン発見↓

隠れムーミン

 

フレスコ画もう一点↓

初期のフレスコ画2

 

自画像の肘のあたりにムーミン発見↓

隠れムーミン2

 

トーベヤンソンが公募に応募した作品を作ることになった小児病院に描いた壁画の習作。

こちらのコーナーは病気の子供たちに向けられた壁画の習作がある部屋は、

テーブルに紙や色鉛筆、壁画近くにクッションも置かれている寛ぎ空間となっていました。

トーベ壁画とナオロマツのコラボ

ムーミン美術館に続き、紙と色鉛筆があるなら私も書いちゃうよね。

ミー風ナオロマツと表情が般若風になってしまったミー。どうかしら?(笑)

 

この後、他の作者の絵画なをを見た後、特別展示中なのか、

白い宇宙服みたいのがハンガーに用意されていて、それを着用して2階に上がると何ともシュールな催しが。

壁も床も全てが白一色で、みな無言。

ちょっと試しに寝転がってみるも、意図が読み切れず。

少し離れたところに座っている眼鏡をつけている白い人を勝手にカワベさんと勘違いしてしまい、

そのことが自分のツボにはまり、笑ってはいけない環境で耐えなければいけないという悪循環。

意図はわからなかったけど、たいそう面白い経験のできた美術館でした。

 

そして外に出てみたらこれだもん↓

いろいろと斬新でした

美術館。なぜこんなにも全力でカモメを前面に押し出したのか?

これまた意図が読み切れない。

 

続きまして、歩いて移動し図書館へ↓

昨年の12月、フィンランド独立記念日の前夜にオープンしたというヘルシンキ中央図書館。

図書館へ

パンフレットもオシャレね。

 

どどーんと出てきました。で、でかい(゚д゚)!

でかくね?

 

正面のモニュメントは何なんだ?カモメに続き謎だ。

すごくね?

 

と、図書館ですよね?

図書館ですよね?

なんかプレスの人とか、カメラマンなどが居て、DJみたいのじゃんじゃんかかってますけど。

芸能人みたいな人が撮影されていたり、客席なんかも設置されてましたけど。

ここって図書館なんですよね?日本では考えられん。

 

図書館は3階建てて、まずは3階の図書コーナーへ。

いーね

これまたスタイリッシュ。

 

日本の図書館では考えられないぐらい騒騒しいけど、こんな図書館も悪くない。

いーねいーね

 

本のあるコーナーのすぐそばにデリも取り扱うカフェまである。

図書館公認で食べ物オッケー

近くに住んでいたら一日中居れちゃうな。

待ち合わせもここでできちゃうな。

 

カフェから出ればデッキコーナーもある。

屋外デッキもあり

 

おぉー。広い。

眺めよし

凧あげとかやったら楽しそう。

 

正面にそびえ立つ建物はフィンランドの国会らしい。

どちらを見てもね

どうりで。横を通った時、違和感あるぐらい立派だったもん。

 

再び館内に戻る。

良いところでした

こちらは置く側に設置されているキッズコーナー。

絵本の他に子供が遊べるカードゲームなんかも置いてあって、

パパとちびっこが一緒に遊んでいました。

更に奥に進むと裸足コーナーがあって、組み立て式のクッションを置いて、

何度も何度も飛び移るという遊びをしていたり。

その間、保護者の方は見当たらず。まさに無法地帯。

フィンランドの少年は謎の東洋人に行動観察されていましたが、

全くひるむことなく遊んでいらっしゃったわー。

ちびっこ観察も楽しかった。

 

この後、2階エリアをちら見。

個室ベースになっていたり、パンフレットにあった階段状のところに座っている人がいたり、

確認はできなかったけど図書館なのにキッチンブースまであるらしい。斬新。

 

1階は物販などもしてました。

まんまと図書館のお安いトートバッグを買ってしまいましたよ。いひひ。

 

後から調べてみたところ、図書館を正面に右側に音楽センターであるムーシッキタロ、

左にKiasmaヘルシンキ現代美術館、後ろ斜めにヘルシンキ中央駅という立地らしいです。

通りで騒々しかったわけだ。

 

図書館を大いに満喫。歩いてホテル方向へ。

本当は最後の夜なので、地元の物を食べられるお店に行こうか!と話していたのですが、

またもやお腹が減っておらず、それなら明日のお昼に港の屋台で何か食べるかい?ということに。

百貨店のデリで何か買って帰ろうと話していたのですが、この日は土曜日。

土日は営業時間が延びるというのが日本的な考えですが、フィンランドは逆だった。

開店も閉店も時間早まる。我々が百貨店に行ったときにはすでに閉店。

あららららー。どうしましょう。

 

食べ損ねたシナモンロールは駅構内のパン屋で調達↓

ヘルシンキ駅でシナモンロール調達

 

スーパーでサラダとデリコーナーのスモークサーモンを買いホテルに戻る↓

今宵も部屋食

 

シナモンロールはこんな感じ↓

こんな感じ

どうも人生初のシナモンロールが「シナボン」だった私としては、

別物の感じがしてしまうのは否めず。

アメリカ寄りに洗脳されてまーす。

 

スモークサーモンとサラダのキノコ↓

スモークサーモンと茸美味し

スモークサーモンはどこで食べても美味いねー。

北海道のスモークサーモンもたいそう美味いらしいよ。

そしてこのキノコが美味かった!

日本に帰ったら、ちょっとしたキノコマリネブーム到来するかも。

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
明日はついに最終日+戦利品紹介

日々なかなかの写真と文章量に編集に追われる

誤字脱字オンパレードですいまそん('◇')ゞ

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(0), trackbacks(0), -

フィンランド(観光1)行ってきました(5)

【8月2日 4日目】

 

朝起きて、せっかくフィンランドに来たんだから!ということでサウナに入る。

日本でサウナがあっても寄り付かない(ちなみに部活にもある)のですが、

ひなこちゃんの朝活に私も参戦してみる。

6時オープンで、我々が行ったのが6時半ぐらいだったかな。

先客おひとり。

サウナの行員で入った瞬間の鼻の奥が一気に熱波でやられるみたいのが苦手なのですが、

こちらのサウナは比較的低温で、そういった感じはなし。私でも入りやすかったです。

ひなこちゃんと日本語で盛り上がってしまう。

途中で先客の方が「お水かけて良いですか?」と流暢な日本語。

何と、日本人でした。そうでしたかー('◇')ゞ

 

サウナの後は4人で合流し、いつものホテル朝食。本日も朝から満腹。

客室に戻るとひなこちゃんが「なんか足から血が出てる!」と流血事件(゚д゚)!?

旅の途中でケガか?いつケガした!?と焦りましたが、朝食のときにあったベリーソースを足にこぼしていただけらしい。

いかった。いかった。大いに笑いつつもホッと一安心。

 

買い物も一段落し、この日からは観光メイン。

ナオミリーダーによるプランがこちら↓

本日の観光

いくつ攻められるかなー。

いざ出発!

 

既に登場済の「カンピ礼拝堂」へ↓

曲げわっぱ教会

 

朝活1

私の中での通称「曲げわっぱ教会」の中に入りました。

写真はお控えくださいということで、お写真なし。

中のご案内表示に「沈黙してどうぞ」「写真撮影ではなくて」と微妙な日本語が。

ニュアンスは伝わるものの、何とも惜しい!

 

続きまして向かいましたのは「テンペリアウキオ教会」へ↓

入り口

青空と岩の感じが素敵。

昔は寄付金で入場できたらしいのですが、今は入場料がかかるようです。

(ナオミリーダー談)

 

中に入るとこんな感じ↓

すごーい

ひゃー。素敵。

カンテレという民族楽器の演奏されていました。

ハープを連想させるような音色。弾き方は大正琴のような。

 

私は天井と窓と岩の感じが何とも素敵だなーと思いました↓

岩と天井のコラボ

日中はこんな感じだけど、夜、暗くなってから教会を外から眺めるのも素敵そう。

 

階段を上り、上からの眺め↓

2階より

椅子とか、正面のところとか、ところどころのピンクが差し色っぽくて素敵ね。

 

こんなコーナーも壁際にありました↓

神聖な感じ

線香とは違うわね。雰囲気ある。

 

外に出てから上からも確認する↓

上からも見れちゃう

宇宙ステーションみたい。

もしくはどっかの球場みたいな?

 

すぐそばにはアパートメント。

街並みがヨーロッパ

ヨーロッパだわねーえ。

 

続いて向かったのは「ヘルシンキ大聖堂」↓

大聖堂

青い空に白い大聖堂はなんとも素敵ね。

写真を撮っていたら、観光バスで来ていた外国マダム集団のおひとりに写真撮影を頼まれる。

写真を撮った後、我々もとひなこちゃんが外国マダムにお願いしたところ、

なぜか写真に入れと言われ、外国人と日本人の記念写真を撮ることに。

何とも面白い。

その後、我々4人の集合写真も撮ってくれました。

外国人マダム。ほめ上手な外国語を呟きながら撮ってくれてありがとう。

その後も彼女達は、ややしばらく広場を占拠し、写真を撮り続けていた。これまた面白い。

 

広場にはこんな銅像が。

高いところには止まりたいよね

高いところにとまりたくなる小鳥心理。鳥じゃなくても共感よ。

そのせいか、銅像は白髪のように鳥の糞まみれであったわ。うふふ。

小鳥に罪なし。抜け毛知らずで安泰ね。

 

階段を登り切った広場の眺め↓

上からの眺め

異国情緒漂うわねー。

 

大聖堂に潜入↓

オルガン

立派なパイプオルガンが上に設置されていました。

なんかね、入ってから練習みたいに音が流れてきて、なんとなく座席についてぼんやり。

12時の鐘が鳴り響いた後、若い音楽家による演奏会がスタート。ラッキーでした。

 

演奏会を満喫した後、大聖堂を後にし、再び広場へ↓

やっぱりとまってる

また新たな小鳥ちゃんが銅像のてっぺんにとまっている。

高いところにとまりたくなるのが小鳥のサガ。

この銅像、どうやらロシア皇帝アレクサンドル2世のようです。

ヘルシンキにロシア皇帝。ヘルシンキに歴史ありですな。

 

広場に出店していた生絞りジュースを4人でシェアすることに。

ジュース飲む

 

お兄ちゃん頑張れ!

お兄ちゃん頑張れ!

 

ジュースを飲んだ後、広場向かいにある雑貨店へ↓

教会向かいのかわいいお店

やはり世の中、小鳥がきとるんでない?

 

店内も可愛らしい。

店員のお姉さんもとてもキュートでした。

金属アレルギーなければ買うのに

ご一緒していたカワベさんが左のブローチ(さくらんぼ)をご購入。

私も金属アレルギーさえなければ、ピアスを購入したかったなーあ。

 

スマホケースも可愛らしい。

iPhoneなら買うのに

iPhoneだったら私も購入していたんだけどなーあ。

こちらのお店で唯一悩んだのがポストカード。

フィンランドで採れるキノコのイラストが描かれていて非常に心惹かれました。

だけれどもな。最終的には「私にも描けそうでね?」という結論により買いませんでした。

私も自分でポストカードでも作ろうかしらね(笑)

 

買い物を終えて移動。

すぐ近くの「マーケット広場」へ↓

港へ移動

すでに正面に見えています。

そしてこの石畳の道路。たいそう歩きづらいけど、それがヨーロッパ的な?

 

我々のお昼は「オールドマーケット」へ↓

港の市場

レンガ造りが素敵ね。

江別もレンガの街だから、こういった建物どんどん造れば良いのに。

あ、江別とは私が前に住んでいた街で、北海道の大スター大泉洋氏ご生誕の地でもございます。

 

オールドマーケット内潜入↓

歴史があるっぽいね

なんか記念イヤーなのかしらね?

フィンランドは予想していたより英語表記が少なくて全くわからん。

 

サーモン大国さすがです!北海道負けてるんでないかな。

市場1

どれもこれも美味そう。

 

これはなんだ?なんか美味そうだってことは間違いない。

市場2

 

ナッツパラダイス。

市場3

試食させてくれたベリー美味かった。

おばちゃん、買わなくてごめんね。

だってドライクランベリーはコストコで買ったやつがあるんだもん。

 

さてさて。いざ昼食↓

お昼はスープのお店へ

ガイドブックにも載っているスープが人気のお店のようです。

混んでいたので先に席を確保しようとしたらお店の人に注文が先と注意された。

すごすごと注文のレジへ。

ひなこちゃんは豚肉のを。その他の3名はシーフードのを注文。

 

緑色のオイルが配給され、テーブルに設置されたパンを食べれとのこと。

オイルが配給され

この緑色のオイル。何味だったのか…よくわからんかった。

 

スープが届く↓

ラーメン丼か?ってぐらいの量でおののく

おぉう(゚д゚)!

ラーメン丼クラスの大きさにたっぷり盛られております。

奥が豚肉。手前シーフード。

マヨネーズのような物が中央にあり、これを溶かして食べるような感じ。

マヨネーズを溶かすと白っぽいスープになります。

はじめっから白いスープを想像していたんだけけれども?

セロリとか、ジャガイモなどの根菜などもモリモリ入っていて、超ボリューミーでした。

 

このときのパンを少しだけ持ち歩き、フィンランドの小鳥におすそ分け。

このマーケットを出てすぐの港でカモメにパンくずあげてたら地元おばちゃまにご指摘受けました('◇')ゞ

 

鞄のパンをビニールに移しながら歩いて移動。

「ウスペンスキー寺院」へ↓

再び教会

ムーミンの作者トーベ・ヤンソンが幼少期に近くに暮らしていたらしく、

この寺院を囲む公園はトーベ・ヤンソン公園と名付けられているそうです。

建設当時のフィンランドはロシア帝国の自治大公国だったので、

先ほどの銅像ロシア皇帝アレクサンドル2世の依頼で聖母マリアの永遠の安眠を捧げるために造られたとのこと。

なーるほどー。  

 

教会からの眺め↓

港一望

さきほどカモメに餌付けして怒られた場所が一望できます(笑)

 

中はこんな感じでした↓

これまたすごいわねー

すごいわねーえ。

 

再び港方面へ向かう途中、チャリンコを漕ぐ新郎とサイドに新婦が座っているカップル発見。

自転車の後方には空き缶も繋げカランコロンと音を響かせながら走ってました。

どうやら挙式後、港から出向するクルーザーでパーティーだったようです。

すれ違う人に写真を撮られたり、お祝いの言葉をかけられたり、幸せそうでしたわー。

旅先での幸せそうな様子にほっこり。

 

港の屋外マーケット↓

港のマーケット

野菜の他にお魚の店とか、工芸品とか、果物屋さんもありました。

地元の食べ物を扱う屋台が美味しそうでした。

屋台のテーブルクロスにマリメッコの布を使っているお店が多かったのも印象的だったわ。

 

ヒエタラハティの蚤の市も見学↓

時間が遅かったこともあり、荷物を車に片づけている人多数でしたが、

マリメッコやイッタラんあどのヴィンテージ商品が多数出展されてました。

価格はあってないようものなのかな?交渉次第って感じ?

奥の市場みたいなところにも潜入。

他のマーケットと同じようなラインナップでした。

あ、オールドマーケットで食べたスープ屋さんも入ってたな。

 

ひなこちゃん熱望のカフェにも↓

こちらのお店でティータイム

建物が2つ連なっていて、向かって右側はパン、ケーキ、デリなど。

デリ商品がどれもこれも美味そうだったー。

向かって左側がカフェコーナー。我々は右側見学後に左側へ入店。

 

目的はこのナポレオン↓

ひなこちゃん熱望のナポレオン

ミルフィーユなんだけど、上にアイシングみたいのが施されているの。

カスタードバージョンの他に味付きのやつもあったっぽい。

タルトも美味しそうで迷ったんだけど、今回は代表的なケーキと、

エクベルコーヒーにいたしました。

店名のついているコーヒー。普通のと何が違うのかは全くの謎。

 

店内の絵画↓

昔はこうだったらしい

昔はこんな感じだったのねー。

 

お腹も満腹になり、ヘルシンキ駅近くに戻る。

再びマリメッコパトロールなども行い、お土産候補19€手提げバッグも無事購入。

(ナオミくんは今回の旅で会員登録をしたらしく、何やらお得だったと話していました)

(マリメッコで今後お買い物のご予定がある方にはお得情報かも↑)

 

老舗デパートにも寄り道。

こんな素敵なものをオリジンズの素敵お姉さんにいただく↓

ストックマンお得情報

フィンランドは40€以上の買物でタックスフリー手続きができるのですが、

デパートは店内で購入した物を合算して手続きができると聞いてました。

なんとストックマンは免税手続きとは別に10%引きで買い物できるとな!?

路面店で購入したマリメッコのリュックとイッタラで買った食器…早まったか?

まぁ、買い物とは出会いに近いので、そういうこともあるわな。

 

この日も絶賛お腹いっぱいでホテルに戻ったため、

簡単な物で夕食を済ませたのでしたー。

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
明日も観光編が続きまーす

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(0), trackbacks(0), -