<< 朝いち とらや珈琲小形羊羹弁当 | main | 鶏手羽先のトムヤムグリル焼き >>

梅しごと2019 塩漬け編

今年も梅しごとに着手しております。

今年は「赤い小梅干し」を目指していたのですが、なんと小梅ゲットに出遅れた(゚д゚)!

昨年と同じ頃に探し始めたのですが、どんどんデカいのしか出回らなくなってくる。

知人に百貨店での品ぞろいを確認したところ、札幌東急店が良いのでは?とのアドバイスをもらい、

そそくさと電話をかけて今年の入荷状況を聞いてみたともさ。

 

「その年によって入荷時期には違いがあるが、今年は5月中旬から入り始めてすでに終了」

 

なんですってー(゚д゚)!!!!!

どうやら完全に出遅れていたらしい。(←気づくの遅すぎ)

自分の梅活動ブログを振り返ってみたら、5月になったら購入するとの記述あり。

年々忘れっぽくなっててねー。

前日に何やってたか、何食べたかだって朧げな記憶だというのに、1年前のことなんてきれいさっぱり忘れてたよ('◇')ゞ

 

…ということで、気持ちを切り替えてデカサイズの梅リサーチに切り替える。

今年って若干お値段お高めなのかしら?

サイズにもよりますが、1堊宛紊婆1000円ぐらいという価格ラインナップ。

そんななか、私が今年選んだのはイオンです↓

AEONの火曜市にて1kg税抜680円でゲット

火曜市で1埓波瓦680円。超身近にてゲット。

和歌山産南高梅、中玉LLサイズを購入いたしました。

小梅ゲットできず、例年にないやる気消沈気味により1圓靴用意しないもん。

(冷蔵庫の中には過去の梅干たちもスタンバっているし)

でも梅酢が欲しいから今年もやるのさ。

 

さっそく追熟↓

ザルにのせて追熟させます

ご親切に梅干しと梅酒の作り方メモまで入っておりました。

 

追熟終了↓

追熟終了

赤い子の痛みが進んでいる気がするので早々に切り上げる。

 

今回の梅子ちゃんたちの計量↓

ここから1個捨てたから900gかな

924gでした。

だけどこの後、よく見たら赤い子がかなり痛んでいたので1個さようならしました。

だから今回の梅は約900gってところかしらね。

 

ざっくり洗ってから爪楊枝でヘタを取り除きあく抜き↓

ヘタ取り悪抜き3時間弱

本当だったら6時間ぐらいあく抜きするのが良いみたいですが、

出勤しなければいけないので3時間弱で切り上げる。

 

湯上りの梅子ちゃんたち↓

ひとっぷろ終えた方々

このまま窓辺に置いて、出勤いたします。よーく乾いとくんだぞ。

これで部屋に漂っていた梅フレグランス生活も終わりかと思うとちょっと寂しい。

そんな気持ちを抱きながら私は出勤。

 

夜になり帰宅。いざ、塩漬け作業↓

いざ塩漬け

今回は梅900gなので、例年の塩分10%を目指すので今回は粗塩90g。

そして今年もお手軽なビニール袋で作る系です。

昨年はビニールが薄かったのか、梅酢が漏れ出るというハプニングがあったため、

今年は二重で汁漏れ防止策を打っております。

ビニールの中に適当に焼酎を注ぎ入れてスタンバイ。

 

今回、例年との作り方の違いは「きょうの料理」でワタナベマキさんが梅しごとを参考にしてます。

梅をまな板の上に置き、手のひらで軽くコロコロしていたので、それを真似っこ。

柔らかく出来上がるとおっしゃっていたような。

テレビ見ながら私はお盆の上で梅コロコロ。

 

コロコロ済み梅ちゃんズを焼酎入りのビニール袋の中に入れてコーティング。

焼酎まとわせてから粗塩投入

後から粗塩を加えます。

粗塩は事前にスプーンなどで塊を潰してサラサラ状態に。

塊はビニールに穴を開ける危険性があるからね。あぶい。あぶい。

 

粗塩投入後は梅全体にまぶします↓

まとわせました

空気を抜いて密封し、さらにビニール袋に入れて二重対応。

 

重石は今年もパックジュース↓

豆乳が重石なの

今年は豆乳飲料よ。

900gの梅なので、必要な重石は900gなのですが、

パックジュースを減らせないため1000嫗弍なり。

毎日上下を返します。梅酢が出てきたら重石を減らすのは例年同様。

2日後にはかなり梅酢が出てきてました。いいぞ。いいぞ。

重石を減らす目安は1週間後に梅の半分ぐらいの重石量にするのよね。

2週間後には冷蔵庫の野菜室にお引越ししてもらい、土用干しまで大人しくしてもらいます。

 

今回は塩漬け途中で実家に帰省したところ、今年は両親が私のために赤紫蘇の苗を植えてくれていた!

次の帰省予定が7月に帰れるかな?という感じだったので、収穫できる先発隊を頂いてきた↓

実家からもらってきました

洗って、一晩干して、翌朝の計量結果↓

45gしかなかった

本当であればこれの6倍ぐらい必要なのよね('◇')ゞ

第一弾として、20%の粗塩を2回に分けて投入しながら灰汁ぬき。

冷蔵庫でスタンバってもらいます。

 

ちなみに27日現在の様子がこちら↓

2019.6.27 撮影

順調に梅酢が出ております。

コロコロしたこともあり、例年に比べると柔らかめに仕上がっているような。

 

先走り少量の赤紫蘇を塩もみしちゃったため、早々に入れてみることに。

この作業が正しいのかどうなのか?

チャレンジ的な試みね↓

早まって入れちゃう

灰汁抜きした赤紫蘇に梅酢を加えてから塩漬け梅に戻します。

 

重石を約半分にいたしました。

重石は約半分に

豆乳抹茶味、バナナ味、紅茶味。頼んだぞ!

 

6月29日の状況↓

赤紫蘇少な目も悪くないかも?

赤紫蘇少量でもほんのり色づき中。悪くないんでないかい?

 

7月4日に室内から冷蔵庫へ転居予定でーす(笑)

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
来年こそは5月GW後に東急へ電話!

そして同時に近場スーパーのリサーチをかけるのも忘れないようにしたい

念願の小梅ちゃんズで赤梅干し作りしたいぞーう('ω')ノ

…密かに道内産が出回る時期もチェックしちゃうかなー

at 00:00, ナオロマツ, ● 梅しごと

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://naoromatsu.jugem.jp/trackback/2523