<< 久々なのに激ショボ弁当 | main | フィンランド(タンペレムーミン美術館)行ってきました(3) >>

フィンランド(ヘルシンキ)行ってきました(2)

7月30日 出発日当日。

前日は早く寝なければという意気込みにより、夕方から意気揚々とアルコール摂取しはじめ20時過ぎ早々に就寝。

しかしどうやら早すぎたようで、0時半に目覚めてしまう。

テレビ見たり、スマホいじっちゃったりして2時半に再入眠。

寝なければ!というプレッシャーからか、たいそう夢見が悪かった('◇')ゞ

 

4時過ぎ起床。シャワーを浴び、冷蔵庫にあったスイカを食べ、最後の荷詰めを終える。

家を出る前に少しだけ片付けをするも、ちょっと動いただけで汗が出てくる…今日も暑い。

ヨーロッパが寒いらしいので、カーディガンを持つも、荷物の量が気になり、手にしたヒートテックのハイネック長袖はそのまま家の残す。この判断が後に失敗だと気づくことになるのであった…。

 

今回はナオミくんが5時20分に自宅近くのコンビニまで迎えに来てくれるということで、そこまで歩いて移動。

お初にお目にかかるカワベさんとご挨拶。ナオロマツです。よろしくお願いいたします!

 

高速道路を走り、千歳市内のパーキングには40分で到着するも6時30分に受付が開くということでしばし車内にてスタンバイ。

受付後、新千歳空港へ。7時すぎ札幌近隣から参戦のひなこちゃんと合流。

搭乗手続きを終えた後、ラウンジに入る三國シェフを目撃。

半袖Tシャツ、短パン、ビーサンで一瞬誰だかわからんかった。

だけど利用者が厳選されるラウンジに入っていくから気づいちゃったのよね。

我々も入れてけろ。

 

まずは札幌→成田への飛行機に乗り込む。

これは良い!

機内誌を読んでいたら、なんじゃこりゃ!?

早くも帰国後に新千歳発着のチケットを持って大通公園のビアガーデン行きを決意する。

 

成田到着。ここからヘルシンキへ。

いってきます

JALで申し込んでいただきましたので、全部日本航空。

FINNAIRとのコードシェア便ということで淡い期待を抱きましたが…。

 

全力で赤い鶴の機体でした( ;∀;)

お世話になります

FINNAIRだと、機内提供されるカップや紙ナプキンなどがmarimekkoなんですって。

後から調べたら限定商品の機内販売があったり、ファブリックもmarimekkoらしいのよね。

淡い期待は崩れ去りましたが、目的地まで連れていってくれるから無問題。

成田出国手続き後、ナオミくんすぐさま帰国に必要な書類ゲット。さすがです。

免税コーナーにTully'sを発見。

限定手ぬぐいが販売されているのを確認したのですが、フライトまでの時間が迫っており断念。

 

約9時間のフライト。

機内サービスの飲み物は安定の日本商品。

プレモルスタート

まずはプレモル。

 

エビスも飲む

続きましてヱビス。

 

離陸後、水平飛行に入り、しばらくして食事提供される。

カレーと鶏そぼろご飯の2択でした。私はカレーをチョイス↓

機内食1

有名どころシェフがあれこれやっているらしい。

 

カレーはこんな感じでした↓

カレーの誘惑に負ける

カレーは普通に美味いよね。間違うことのない安定の献立だわ。

しかもカレーの香りテロといいますか。すごいそそられるのよね。

 

機内で斜め前方に座っていた赤毛タトゥー男子が離陸後すぐに寝てしまい、

機内食を食べていないのが気になる!彼は食べるのか?食べないのか?

そんなこんなしつつ、機内Wi-Fiを期待していたのに有料なのな(゚д゚)!

前に海外行ったときは違う会社だったけど、そんなことはなかったような…。

有料サービスを使うほどでもないので、映画を見ることにする。

「ボヘミアンラプソティ」「アリー」「ロマンチックじゃない」の洋画3本見倒す。

 

食後は機内が暗くなり、強制的に「お前ら寝れ」的な扱いを受けます。

途中で明るくなり、こんなのが提供されちゃう↓
強制的におやつ

いやいやいや。座りっぱなしで私お腹減ってませんから。

結局、これは食べずして再び機内は暗くなる。

 

映画の続きを見ていたら、またもや機内が明るくなり「食え食え攻撃」もしくは「食え食え祭り」が開催される。

機内最終

 

エアモスですって

「Air MOS」ですってよ。

 

バーガーは自分で組み立てるシステム。

セルフ方式

ふむふむ。なるほどね。

 

私のてりやきバーガーも完成↓

完成

説明書あるのに、ソースの配分間違えちゃった('◇')ゞ

 

これにて「食え食え攻撃&祭り」も終了。

赤毛タトゥー男子(外国人かと思いきや日本人だった)も無事に機内食(3食分まとめて一気食い)召し上がっていたのも確認できたし、

カワベさんは機内販売商品を迷わず購入していたし、ヘッドフォンをしていた尚実くんの声が大きかったのも面白かった。

 

マリメッコ一色のサービスは受けられなかったけど、空港でマリメッコ柄の機体を見ることができたのが嬉しかったです。

もっとゴロゴロあるのかと思っていたけど、一機しか見られなかった。

いったい何機用意されているんだろうかー?

 

無事にフライトを終え現地到着。なんと14度(゚д゚)!激寒。

すぐに長袖を羽織り、出国後、空港初のフィンエアーバスに乗りヘルシンキ市内へ。

駅にはバスで

飛行機のWi-Fiは有料だけど、フィンエアーのバスは無料。

うーむ。JALの企業努力に今後期待。

 

以前、ヨーロッパに行った(フランスとイタリア)ときにも感じたのですが、景色は北海道チック。

郊外に異国感は薄い。まるで地元郊外を走っているかのよう。

 

市内に入ると建物にヨーロッパを感じられるようになるものの、イモトのWi-Fi設定を優先させてしまう。

バス停前に頭の黒い見たこともない鳥を見て大興奮。

国変われば鳥も変わる。興味深し。

 

ヘルシンキ駅↓

ヘルシンキ駅到着

 

滞在中お世話になるホテル↓

こちらのお宿にお世話になります

バス停から本当にすぐ近くに駅も今回のホテルがありました。

利便性抜群!

 

ロビーもステキ。レリーフに小鳥の姿が↓

ホテルロビー

ナイスです。

 

お部屋も素敵よ↓

こんなお部屋でした

お部屋の壁にも鳥が飛んでおりました。

コンセントたくさんあり。変電器さえあれば充電し放題。

お部屋のカップはiittaraでした。さすが地元。ポットもあり、お湯も沸かせます。

我々のお部屋にはバスタブもありましたが、ナオミくんとカワベさんのお部屋はシャワーのみ。

全身を洗うシャンプーと洗面台に手を洗うソープが設置されているだけなので、

(トリートメントやバブルバスなども1回分ずつあったかな?)

トリートメントを持参したのはやはり正解でありました。

 

こちらのホテルにお世話になりました↓

お世話になります

 

サービス内容↓

サービス内容

本場ということもあり、サウナもある。

男女兼用と女性専用。

日本ではサウナに見向きもしない私ですが、ちょっと興味あるかも。

 

6階客室からデパートが眺められるという不思議っぷり。

部屋からデパートが見えるという不思議な造り

営業時間終了後の写真なのでひとっこひとりいません。

 

早々に近場探索へ。

ナオミくんとカワベさんが前回来たときには郵便局でムーミン物が買えたということで、

さっそくのぞきに行ってみる↓

郵便局ですら可愛い

日本の郵便局は赤いけれど、フィンランドはオレンジ色なのね。

残念ながら今回はムーミングッズ見あたらず。

 

夏のフィンランドは日の出5時前、日の入り22時前と日長が約17時間と長い。

まだまだ日没まで時間もあり、我々も街中散策↓

街だってステキ

 

犬も歩けばmarimekkoにあたる

街を少し歩けばいたるところにmarimekkoという、marimekko好きにはたまらん街。

携帯用のリュックが劣化していたことに気づき、早速marimekkoリュックに照準を合わせる。

良い品に出会えるといいなーあ。

 

夜ごはんはチョコレート会社のカフェでオープンサンドとコーヒー。

このチョコのカフェに潜入

 

日中は品ぞろえ豊富らしいのですが、夜なこともあり品薄。

夜で品薄らしいが十分魅力的

フィンランド語表記しかないので、詳細は全く分からず。

 

私はいわしの酢漬けがのったやつにしてみましたのよ↓

ニシンの酢漬け美味し

酢漬け、私気に入りました。美味し。

 

他の方の注文の品とともに1枚パチリ。

他の方のラインナップ

私のオープンサンドとコーヒーとで11〜12€ぐらいだったかな。

ここから大体の物価を推察。

元々、物価が高いと聞いていたので、まぁこんなもんなのかもしれないわね。

 

お店の外に出たらカモメちゃん発見。

カモメちゃん

カモメは日本と一緒ね。

ヘルシンキは海が近いので、空を見上げるとカモメが飛んでいました。

 

日没まで時間があったものの、日本時間でいえば深夜(時差6時間)の時間帯となり撃沈。

翌朝に備えることに。

 

【7月31日 旅行2日目】

時差ボケ炸裂。日本時間でいえば10時頃だけど現地では早朝4時。

しばしベッドの中で我慢するも、同室ひなこちゃんももぞもぞしだす。

どうやら目覚めたらしい。

その後、話をしたり、ひなこちゃんはお部屋で体幹トレーニングしたり。

全く眠くもならず、ホテル周りを散歩してみることに。

迷子になっても帰れないから、本当にごく近場のみ(笑)

 

街角には素敵なオブジェ。

この乗り物が気になる

個人的にはレンタル式と思われる電動キックボードみたいのが気になる。

これ、日本でも導入されれば良いのに。

 

早朝のため清掃車やゴミ収集車が走ってました。

食べ物を求めているのか鳥が…あらららら!

カラスもお洒落

おそらく日本でいうところのカラスさんかと。

フィンランドのカラスさんは瞳の色も違ったし、一回り小さい。

そしてなんといってもツートンカラーってのが違います!

カラスもオシャレさんなのねーえ。

 

路面電車も早朝から走っておりました。

路面電車も可愛いね

これは一昔前の札幌市内を走る路面電車チックだわね。

どうやら新しい車両と古いタイプの車両があるらしい。

この時間帯は見ることができませんでしたが、赤い車両も走ってした。

KOFFビールのマークが入っている「パブトラム」観光専用路面電車を見ました。

市内の観光どころを周遊しながらビールを飲めるという電車らしい。

5月初旬から9月中旬までの期間限定らしいです。

今回は飲まない方もいるので乗車しませんでしたが、これはかなり気になりますわなー。

 

市内のスーパーはかなり平日と週末とで営業時間が違うものの、

平日は6時30分からスーパーが営業を開始していてビックリ。

ホテルに入っているスーパーは24時間営業のお店だったのでパトロール↓

スーパーにだってmarimekko

marimekkoのペーパーナプキンなんて普通に売られてます。

お店によってはFinlaysonの品なんかも置いてありました。

いやー。どの国に行ってもスーパー巡りは楽しいのーう。

 

街路灯の中間部分にお花が↓

お花が高いところに!

ぼんぼりみたでかわいらしい。

 

近場散策を終え、いざ朝食会場へ。

最上階が朝食会場になっていております。

滞在期間中のラインナップはほぼ変わらなかったので一気にご紹介。

 

入口正面にはサラダからスタートする主菜コーナー↓

入ってすぐ

日本に比べて大ぶりなきゅうりが印象的でした。

 

肉肉しいコーナー。

肉系とか

ハム2種にサラミみたいなやつ。

奥のホットコーナーにはベーコン、ソーセージ、ミートボール、チビホットケーキ。

スクランブルエッグなどもありました。

 

チーズコーナー。

チーズ系とか

食べ放題ヨロレイヒ。

 

パンコーナー。

パンコーナー

大きなパンは自分でお好みのサイズにカットするシステム。

バターが3種類も置いてあるのが外国だわねーえ。

 

いろいろ置いてある

裏側もパン。シリアルなども置いてありました。

奥にはトースターが置かれています。

 

デザートコーナー。

デザートコーナー

甘系+果物。

奥にあるスイカが私はお気に入りでした。

スーパーで見たスイカと同じタイプかと思われますが、こちらはスイカが安い!

小玉スイカが1.5€ぐらいで売られてたもん。何とも羨ましい!

 

ヨーグルトとオートミールコーナー。

乳製品

ベリー大国ということもあり、一番左の銀ボウルにはベリーたっぷり。

こちらでは郊外に行けば誰の土地とか関係なくベリーを取ることができるんですって。

まるで山菜感覚ね。私でいうところのフキノトウ的な感じ?

 

健康食品系コーナー。

健康食品

基本お世話にはなりません( ー`дー´)キリッ

だけれども、ヨーグルトとか、小さいデザートは美味かった。

 

この他にも奥にアイスキャンディー冷凍庫が置かれていたり、

入り口入ってすぐ横にはジュースや珈琲、紅茶などの水分コーナーもありました。

 

朝食ラインナップはほ内容がほぼ変わらなかったので旅行中の様子を一気にご紹介。

 

まずはこんな感じからスタートし↓

こういう感じになる

 

慣れ始めるとテーブルに運んでから↓

後にこうなり

 

具だくさんサンドイッチを作ってみたりとか↓

工夫しだす

 

ヨーグルトを満喫するコースになってみたり↓

こうなって

 

食後に果物を剥いてみようかな?とか↓

最終的にこうなる

昔はヨーグルト味のソフトクリームマシンがあったそうなのですが、

残念ながら見当たりませんでした。

できることならヨーグルトソフトにベリーたっぷりかけて食べてみたかった。

 

普段は朝食を抜きがちなくせに、旅先の朝食はかなりの充実ぶりでした。

そして「あぁ満腹」と全員口を揃える日々になるのでした。

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
明日はヘルシンキからVR移動したタンペレへと続きます

  

at 00:00, ナオロマツ, 旅/おでかけ

comments(2), trackbacks(0), -

comment
おおぐらい, 2019/08/09 7:43 AM

コクマルガラス、だと思います。コンラート・ローレンツの本に出ていたカラスを実際目にしたときにはワタシも感動しました。あときゅうり。でっかいなーって思いましたヨ。

ナオロマツ, 2019/08/09 2:16 PM

おおぐらいさんへ♪

>コクマルガラス

ほほーう!そういうお名前だったんですね。
鳥好きなもので、どうしても鳥に目がいってしまいます。
フィンランドはペット大国なのか、デパートの中にも列車の中にも船の上にもワンコがいて、良い国だなーと思いました。

>きゅうり

あれはデカすぎですよね。
大味なのかしら?と思いきや、普通に美味しかったので、ある意味お得なのかも?










trackback
url:http://naoromatsu.jugem.jp/trackback/2565