<< 温玉牛丼弁当 | main | morimoto シャモニー >>

初心者のラフテー&ソーキ作り

先月の沖縄旅行で触発され、猛烈に肉を煮込みました。

沖縄で食べたお肉が美味しかったので、私にもできるかしら?ってやってみたくなったのです。

結果、「何か違うな?」という課題が残り、不完全燃焼に終わりました('◇')ゞ

次回に向けて改善すべく、不完全レシピを残すことにいたします。

不完全だからこのまま作るのはオススメいたしません('ω')ノ

そして「ここをこうしたら良いよ」というご助言大募集中でーす(笑)

 

【ラフテー】

泡盛買いました

<材料>

・豚バラ肉        1.2

★鰹出汁         3カップ

★豚ゆで汁        1カップ

★泡盛          1カップ

★醤油          1/2カップ

★黒砂糖         100g

・塩           少々

※お好みでゆでたまご   適量

※お好みで針生姜     適量 

 

<作り方>

(1)肉を洗う。

(2)鍋に水をはって塩を加え、(1)を入れて火にかける

保温調理鍋でチャレンジ

   じんわり沸騰させて火を通し↓灰汁は取り除く

ラフテー作成中

   今回、私はここで間違えていた!

   保温調理鍋で作ったことも敗因のひとつかも。

   下茹での時点でお肉が柔らかくなり過ぎてしまったのー( ノД`)シクシク…

(3)お肉を食べやすい大きさに切る

(4)きれいな鍋に★を加えてひと煮たちさせ(3)を入れて煮る

柔らかすぎ(´Д` )

   普通の鍋で煮る場合は醤油を2回に分けて入れるらしいです

   私は保温調理鍋で作ってしまったので、一度にすべて入れました

   煮卵を欲する方はこのタイミングで投入いたしましょう('ω')ノ

(5)肉がお好みの染みこみ具合に仕上がったら完成

 

<備忘録>

・今回出来上がったやつのチビッ子サイズ↓おすそ分けした分

こんな感じでラフテー完成

 本当は針生姜が必要らしいけど、家になかったから紅生姜で代用

・ラフテーは保存調理鍋で作ってはならぬ"(-""-)"

 ラフテーとは長時間に詰めれば良いというものではないらしい…

 鍋で煮詰められないので味も薄い仕上がりになってしまいました

・肉への味付けのことを考えると、煮汁に調整が必要と思われる

(鰹出汁を1〜2カップ減らすか、茹で汁を入れないのが良いのかしら?)

 

 

【ソーキ】

こんな感じでソーキ完成

ラフテー不完全燃焼と残り汁を何とかしたいという気持ちから、

その流れでソーキも煮てみましたのよ。

 

<材料>

豚パイカ

・豚パイカ      600g

・塩少々

★ラフテーの残り汁

 

<作り方>

(1)豚パイカを洗う

(2)鍋に水をはって塩を加え、(1)を加えてひと煮たちさせる

(3)(2)から豚パイカを取り出し、お肉を再度洗う

(4)きれいな鍋に★と(3)を加えて煮込む

(5)軟骨がお好みの固さになり、味のも染み込んだら完成

 

<備忘録>

・ラフテー残り汁ソーキはこんな感じに仕上がりました↓

ソーキ仕込み中

 ソーキとはスペアリブを使うのか?軟骨でも良いのか?正解は?

・ラフテーと違いソーキはじっくり煮込んでも問題ないそうなので、

 保温調理鍋を使いました…が、元の煮汁が薄味だったので数日繰り返し加熱

・最終的には美味かった

・失敗も成功への道なり…作り方や材料が合っているかどうかわからんけどな!

 

↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ  
貪欲な食いしん坊なのでリベンジを誓う('ω')ノ

沖縄料理レシピ本を探すも北の地では出会えなーい

at 00:00, ナオロマツ, ● 覚書レシピ

comments(0), -, -

comment