<< STANLEY クラシック真空フードジャー | main | ゴーヤチャンプルー弁当 >>

シナモン文鳥 ブンちゃんの生活

我が家のアイドル文鳥のブンちゃん。
夏休み中に実家に帰省した際、両親がお墓参りで留守だった間は密着72時間。
いやー、めんこらぴかったわー。
ふたりっきりだからか、いつもは嫌がる写真も撮らせてくれました。
ブンでーす♪
我が家の文鳥は幼鳥の頃からさし餌をして育てた完全な手乗り文鳥なので、人間が大好き。
(たぶん自分のことも「飛べる人間」と思っているような気がする)
そんなブンちゃんの生活ぶりをご紹介。

起床 → 8:00
普通の布+遮光の布をかけています。
布を外すとしばらくボケラーとしていますね。
その後、水と餌を取り替えてお食事の準備と敷き紙の交換。
敷き紙は通称「ピピちら」
「ピピちら」は「ぴーちゃん用のチラシ」の略で、新聞の折り込み広告チラシの中でも
片面カラー印刷の物で裏面が白一色ツルツルした紙質の物のこと。
母の美的センスから白い方が良いとそのようにセットして育てたところ、
「ピピちら」切れで色柄物のチラシを敷いたら環境の変化に大パニック。
ピーちゃんと2羽で別々のカゴ飼育(2羽が不仲だったので別居生活だったの)していたときは
「ピピちら」確保が難しくなり、知人や同僚からたくさん「ピピちら」をいただきました。感謝、感謝!
ブンちゃんのお家
左側に鈴がついているのですが、鳥カゴに入れられていて出たくなったら、
猛烈にこの鈴をチリンチリンと鳴らしてアピールします。超ー騒々しい。

お食事コーナーのセッティング後の状況はこんな感じ。
左から「餌」「豆苗」「水」「きゅうり」。
ブンちゃんのお家のご飯コーナー

お食事の詳細はこちら。
左から「食べ終えた餌」「ピンク:果物エキス」「緑:野菜エキス」「黄色:ペレット」
「右下:カナリヤシード」「蜂蜜容器:文鳥の餌 殻つき」
ブンちゃんのご飯の詳細
餌は毎日取り替えるので、余った分は大きなタッパーにためておいて、
まとまった量になったら外のスズメさんたちにあげています。
朝いちの食事はペレットからスタートし、しばらくしたらその他の餌をブレンドしてセット。
この中で一番好きなのはカナリヤシードかな。
そして殻付きの餌なのは、殻を剥いて食べるのがストレス解消になるらしいので。

入浴 → 12:00 18:00
ケージに水浴び器をセット。室内の温度や日差しによっても違いますが、
基本、文鳥は水浴びが大好きなので、セットしたら比較的早めに入ります。
大喜びで好物のキュウリをお召し上がり中
このときは大好物のキュウリに夢中。その後、気持ちよさそうに水浴びをしていました。
入浴後は「ピピちら」と飲み水を交換をします。

放鳥 → 朝食を召し上がられてからの脱糞後、水浴びの時間以外
ここからが驚異的です。食事と水浴び以外の時間はほぼフリー放鳥。
亡くなったぴーちゃんと相性が良くなかった(ブンちゃんは好きだったのにね)ため、
一緒に放鳥するとケンカをしてしまうので、交互に放鳥していたのですが、
ぴーちゃんが亡くなってからというもの、ほぼ出ています。
もはや鳥カゴは「睡眠」「食事」「入浴」の場のみと言っても過言ではない。

人間がキッチンでお料理などしていれば、カウンターのティッシュの上が定位置。
キッチンでのブンちゃん定位置

人間がソファーに座ってテレビを見ていれば、一緒にいる。
テレビがつまらなかったのか、ねむねむなご様子のブンちゃん↓
ねむねむブンちゃん
後はお腹が減れば飛んでカゴに戻ってご飯を食べ、再び人間に密着。
ときおり、気まぐれに家中を飛び回って運動することも。
もちろん、事故を防ぐために、人間が家を留守にするときや、
危険なとき(例:揚げ物をしているとき)には強制的にカゴへ戻ってもらっています。

就寝 → 21:00
寝かせる15分ぐらい前にカゴに戻し、餌を食べさせて、鳥カゴの敷き紙を取り替えて、
布と遮光布をかけられて強制的に御就寝。
21時が近づくと「そろそろ寝かされそうだ」と察し、なかなか鳥カゴに戻ってくれません。
「そろそろねんねの時間だよ」なんて言葉をかけちゃったら、もうおしまい。
逃亡しまくります(泣)
基本的には体調管理のために、毎日のスケジュール管理は徹底しています。

小鳥って一緒に生活してみると、とても奥深くて魅力的。
音を聞き分けることもできるし、言葉もわかるし、犬猫ばりの知能を持っているような気がします。
一度飼ったらどっぷりハマりますよー♪
最近、妹へのプレゼント用に購入した本がなかなか良かったのでご紹介!
 
この本に文鳥の魅力が詰まっています。
文鳥のことが気になる人は、ぜひ一度読んでみてほしいです!!!

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ 
ブンちゃん、放鳥中にカゴに戻って脱糞できれば完璧

at 00:00, ナオロマツ, シナモン文鳥

comments(6), trackbacks(0), -

comment
masako, 2013/08/25 9:53 AM

ナオロマツさん

 お早うございます。
朝から私の好きな内容でハッピー☆
ブンちゃん可愛いですね!それに知能が高い! 私も昔飼っていた文鳥ともっと密着して、もっと観察してあげていれば、もっとコミュニケーションがとれていたかも、と今は亡き文鳥に申し訳ない気持ちがします。 それに徹底した体調管理。ブンちゃん幸せですね〜。
男の子ですか?女の子ですか?
私が飼っていた文鳥は性別不明でしたが、強気なところがあったので男の子だったのかなと思います。 鳩に餌付けをしていたら、怒って鳩にむかって行ったり(笑)
もう約30年も前の話ですが、忘れられないです。
朝からほんわかした穏やかな気持ちになれました。ありがとうございます。
masako

ハミちゃん, 2013/08/25 10:15 PM

文鳥ガチャガチャ、6回挑戦。
白い子×5、桜×1。
シゲルくんは2回挑戦でシナモン×1、シナモン以外×1だったらしい!
おかげさまで我が家にはたくさんの文鳥ズがいらっしゃりまーす♪

ブンちゃんかわいいわーぁ☆

ナオロマツ, 2013/08/25 11:12 PM

masakoさんへ♪
こんばんみ!
masakoさんも文鳥を飼っていらっしゃったんですね☆

>ブンちゃん可愛いですね!それに知能が高い!

そうなんですー♪(←親バカ炸裂)
犬も飼っていたことがあるのですが、
鳥類の賢さはなかなかなもんですヨ。

>ブンちゃん幸せですね〜。

ハワイなどでは野生の文鳥もいるので、
外で暮らしているのが幸せなのか、
我が家にやってきてくれて幸せだったのか、
うーむー・・・と思うこともありますが、
家族はみな「家の文鳥は幸せだ!」という結論に(笑)
ブンちゃんもそう感じてくれていると良いのですが。あは。

>男の子ですか?女の子ですか?

ブンちゃんは女の子です。10月でお迎えして満9年です。

>私が飼っていた文鳥は性別不明

普通にピッ、ピッっとしか鳴かなければ女の子の可能性大ですね。
男の子の場合は固体でそれぞれ「ラブソング」を持っていて、
長いフレーズでオリジナルの鳴き方をします。
masakoさん宅の文鳥さんはどちらでしょう?

>朝からほんわかした穏やかな気持ちになれました

我が家のブンちゃんネタでほんわかしていただけて、
とっても嬉しいです!うふふ☆

ナオロマツ, 2013/08/25 11:16 PM

ハミちゃんへ♪
文鳥ガチャガチャの結果が気になって、
仕事の帰り道に電話かけちゃおうかしらと思っていたのー!

>6回挑戦。白い子×5、桜×1。

・・・そ、それは酷い!(笑)

シゲルくん、好成績じゃなーい?
その後にシナモンが控えているのでは!?と思ってしまい、
千円札を握り締めて両替機に走りたくなるわー。
ぴーちゃんがご存命だったら、ブンちゃん返しに最適なのにね(笑)

>ブンちゃんかわいいわーぁ☆

箱ティッシュに乗ってる写真かわいくね?
ちょっとぴーちゃんにも似ている。
これはカレンダー候補写真だわよ♪

masako, 2013/08/27 1:18 PM

ナオロマツさん♪

お返事ありがとうございます。

文鳥の性別、鳴き方なのですね。うちのは長く鳴いていました。それもひんぱんに。性格から言っても男の子だと確信しました。

飼っている時は可愛くて、可愛くて、学校から帰るのが楽しみだったほど(笑) なつかしいなぁ

ナオロマツ, 2013/08/28 12:34 PM

masakoさんへ♪

>飼っている時は可愛くて、可愛くて、
>学校から帰るのが楽しみだったほど(笑)

ペットのいる生活はたまらんですよね。
真の癒しだと思います。うふふ。ピヨヨ。

家族が可愛がっている気持ちは通じていたはずだから、
masakoさんちの文鳥さんも幸せな小鳥さんだわー♪










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。