<< 朝いち ハッカ物語弁当 | main | 塩レモン >>

安らかに ブンちゃん

今日は悲しいご報告です。

母から電話がかかってきました。
毎日実家に電話をかけて体調の確認をしていたブンちゃん。
突然、亡くなったとの連絡でした。予期せぬ訃報。
通院後に元気がなくて薬を中断し、復活して安心していた矢先の
突然の出来事に、ショックから立ち直れず。

実家から車で15分ほどの場所に住んでいる妹ハミちゃん夫婦は、
亡くなった日に実家にかけつけ、ブンちゃんと対面してきたそうです。
眠るような安らかな表情だったと教えてくれました。

亡くなった日は道内もこの冬一番の冷え込みで、
普段なら朝から出たいと騒ぐブンちゃんも昼前までカゴで過ごしていたそうです。
その後、大好きな母にストーカーしたり、部屋の中を飛び回ったり。
父とブンちゃんが二人一緒に居間で過ごしていて、おそらくお腹が減って
ブンちゃん自らカゴに戻ろうと飛んでいるときにブンちゃんが落下。
父が慌ててかけより、手のひらで見守るも数分で息を引き取ったそうです。

ブンちゃんは昔からとっても飛ぶのが上手だった文鳥さん。
主治医からも健康診断の度に「完璧な文鳥です」とお褒めのお言葉をいただいてました。
健康優良文鳥の太鼓判を押され、「きっとブンちゃんの最後は飛行中だ」などと
家族で冗談として話したこともありますが、まさかその通りになってしまうとは。
近年は手のひらを好んだり、眠っている時間が長くなったり、老いを感じることが多かったブンちゃん。
10歳の大台を超え、通院しつつも元気な様子に、まだまだ一緒に過ごせると思っていたんだけどな…(:_;)
良かれと思って私が通院を進めたけど、それがいけなかったのかなーとか。
最後のお別れのとき、きちんと挨拶できなかったなーとか。
ブンちゃん、家の家族と一緒で幸せだったのかなーとか。とかとかとか。

先日のお弁当の日に載せたブンちゃんの写真がラストショットとなっていまいました。
今頃、ひさびさに天国でピーちゃんと再会していることでしょう。
ピーちゃんに一方的な片思いをしていたブンちゃん。
天国では仲良くやるんだよ
天国ではピーちゃんに認めてもらえるといいね。おしとやかにね。

ブンちゃんと一緒だった家族は本当に幸せでした。ありがとうブンちゃん。

今までブンちゃんの記事にコメントを頂いた皆様にも、
ブンちゃんに代わりお礼申し上げます。ありがとうございました。

↓ランキングに参加しています↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ 
ブンちゃん享年10歳4か月
天国で安らかに


 

at 12:00, ナオロマツ, シナモン文鳥

comments(16), trackbacks(0), -

comment
かあちゃん, 2015/02/06 12:37 PM

昨日、更新がなかったから、何かあったのかなぁ…と思っていましたが。大変でしたね。ぶんちゃんのことを知ってから近所の小鳥屋さんを覗くのが楽しみでした。文鳥と人間て、こんなに心が通じ合えるものなのですね。ナオロマツさんもご家族もまだまだ辛いでしょうが、こんなに愛されて、ぶんちゃん、きっとしあわせでしたよ。ぶんちゃん、またね。

へーこ, 2015/02/06 2:49 PM

ナオロマツさん・・そうだったんですかあ。。
ブンちゃんはすごく幸せな鳥さんですね。
こんなにいっぱい愛されて。
私もブログを通してブンちゃんに元気をもらいました。
ブンちゃんありがとう。

ハミちゃん, 2015/02/06 3:03 PM

あの日は朝から快晴で、夜にはたくさんの綺麗なお星様が。
雲ひとつない1日だったから、ぶんちゃんは迷うことなくぴーちゃんの側に行けたね☆
と、おひーさんが言ってくれたの…。(;_;)
きっと2羽で空から見守ってくれてるね☆
可愛くて面白くて楽しい思い出を大切にしていこうね☆

ニョイコ, 2015/02/06 9:06 PM

初めまして。
同じ鳥飼いとしていつもブンちゃんが出てくる記事を楽しみにしておりました。
突然の悲しいお知らせに驚いております。
ブンちゃん、たくさんの想い出をありがとう。
我が家のピーちゃんも昨年虹の橋を渡ってしまったので、向こうで仲良くしてくれてるといいなと思ってます。
ナオロマツさんもお身体ご自愛くださいませ。

アシュ, 2015/02/06 11:41 PM

泣いちゃいますね。。
私は悲しい時寂しい時がまんできないみたいです。涙

まずは、お悔やみ申し上げます。

ブンちゃんは幸せですよ!!
私もトムが亡くなった時にもっと出来ることがあったんじゃ…とか自分がしたことが原因かもとかいっぱい思いました。でも、家族や友達に言われてそうだね!って思えた事があるんです!

「こんなに長生きしてくれたのは大好きな家族とたくさん一緒にいたかったから、幸せだからたくさん生きられたんだよ!」
ブンちゃんはたくさんの愛と優しい気持ちに応えてくれて長生きしてくれたんですよね(*´∇`*)

今はさみしいと思いますが、これからの暮らしにもブンちゃんは一緒にいてくれてると思います!
ゆっくりでも笑っていけますように。。

ブンちゃん、お空でも美人さん磨いてね!!
まだまだ寒いけどお空は暖かいかな?たくさん美味しい物食べて、たくさん飛び回って、これからもご家族を見守ってね!!


みか, 2015/02/06 11:59 PM

初めてコメントさせて頂きます。

お弁当でナオロマツさんのブログを知り、毎日拝見する中でブンちゃんやピーちゃんの話題もとても楽しみにしていました♪

急すぎる訃報にただただ驚いています。
心よりお悔やみ申し上げます。

私自身も一年前に愛犬を亡くし、心の中にぽっかり穴があいたような時期がありました。
でも、一緒に過ごした時間がとても幸せで、私が泣いてばかりいたら、天国で見守ってくれてる愛犬が心配しちゃう..と思ってから、前を向いて頑張れるようになりました。

それでも時々思い出しては涙する日もあります。

ナオロマツさんも今はお辛いと思います。
たくさん泣いて、辛くてもその後は笑顔で幸せな日々を過ごせますように..
そして、天国でブンちゃんが楽しく過ごしていますように..

長文、失礼しました。

ナオロマツ, 2015/02/07 10:49 AM

かあちゃんさんへ♪

ありがとうございます。
すぐにはブンちゃんの話題には触れられなかったのですが、
ブログやSNSに記事にしたことで少し気持ちの整理ができたような気がします。

突然の別れは悲しいのですが、その分、ブンちゃんは最後まで元気いっぱいで、
苦しまずに天国へ旅立つことができたのだと思うことにしました。

>近所の小鳥屋さんを覗くのが楽しみ
>文鳥と人間て、こんなに心が通じ合える

ブンちゃんを通じて、小鳥に興味を持っていただけるようになり嬉しいです。

ナオロマツ, 2015/02/07 10:53 AM

へーこさんへ♪

ありがとうございます。

>ブンちゃんはすごく幸せな鳥さんですね

一緒に過ごせた家族はとても幸せでした。
ブンちゃんも同じく幸せだったと思ってくれることを切に願います。

>ブログを通してブンちゃんに元気をもらいました

さすがブンちゃん!なーんちゃって。
一緒に住んでいなかったり、ブンちゃん写真嫌いだったので、
私が思っていたよりも登場回数少なかったんですよ。
もっとたくさんご紹介したかったなー。

ナオロマツ, 2015/02/07 11:10 AM

ハミちゃんへ♪

おひーさん100万ポイントアップ!
ブンちゃん、まっしぐらにピーちゃんのところに飛んで行って、
久々の再会に激しく付きまとい、尻尾ふってそうな気が…(笑)

我が家の文鳥ズもついに天国の住人となってしまったけど、
個性的でかわいらして一緒に生活できたことに感謝だね。

お母さんからは毎日「ブンちゃんいなくて寂しい」電話が。
もっとも重症だわー。相思相愛だったもんね…。
今度みんなで傷心旅行にでも出ようかしらね。

ナオロマツ, 2015/02/07 11:21 AM

ニョイコさんへ♪

初めまして。コメントありがとうございます!

>同じ鳥飼い
>我が家のピーちゃんも昨年虹の橋を渡ってしまった

ニョイコさんも辛いご経験をされたのですね。
ペットとの別れは親しい友人や家族との別れと等しいですよね。
悲しみ続けてブンちゃんが天国に行きづらくなっては困るので、
気持ちの整理と切り替えをしていきたいと思っています。

きっと今頃、ニョイコさんちのピーちゃんとお友達になってますね。
ブンちゃんには小鳥の友達がいなかったので、
大喜びだと思います。お転婆さんなのでご迷惑をおかけしていなければ良いのですが(汗)
きっと新しい世界を楽しんでくれていると思います。

ナオロマツ, 2015/02/07 11:29 AM

アシュさんへ♪

ありがとうございます。
ブンちゃんは家族以外にもこんなに慕ってくださる方がいて、
本当に幸せな文鳥です。我が家だけのアイドルではなかった♪

>こんなに長生きしてくれたのは大好きな家族とたくさん一緒にいたかったから、幸せだからたくさん生きられたんだよ!

>これからの暮らしにもブンちゃんは一緒にいてくれてると思います!

ありがとうございます。
アシュさんの言葉で気持ちが軽くなったように感じます。
感謝。感謝。
これからもブンちゃんの分まで色々と楽しんでいきたいと思います。

ナオロマツ, 2015/02/07 11:42 AM

みかさんへ♪

初めまして。コメントありがとうございます!

>私自身も一年前に愛犬を亡くし心の中にぽっかり穴
>一緒に過ごした時間がとても幸せ
>天国で見守ってくれてる愛犬が心配しちゃう
>それでも時々思い出しては涙する日

私も幼い頃から愛文鳥や愛犬との別れを何度か経験してきました。
意志の疎通ができるペットとの別れは本当につらいです。
心の大きな穴に、ふとしたとき風が吹き抜けます。
久々のペットとの別れにダメージを受けていますが、
みかさんのおっしゃる通り、あまり後ろ向きではブンちゃんが心配してしまうので、
前向きに過ごしていきたいと思います。

ありがとうございます。

みじゅ, 2015/02/09 10:26 AM

先程久しぶりにブログを拝見してしりました。
御冥福をお祈り申し上げます。
うちのワンコも今年15才。元気だけれども確実に老いを感じますし、最期の時が間違いなく近づいていることを感じます。
最期が飛行中だなんて、文鳥冥利に尽きますね。
うちもそのように自然に向こうへ行けたら…
と思ってしまいました。
しばらくはお辛いでしょうが体には気をつけてくださいね。

あと、最近アップされている六花亭のケーキ、美味しそうです。

ナオロマツ, 2015/02/09 11:48 AM

みじゅさんへ♪
ありがとうございます。

>最期の時が間違いなく近づいていることを感じます

我が家でも着実な老いを実感しつつ、元気な様子に分かれはまだ遠い未来のことだと思っていました。
今になって、もっと会いに行っていれば良かったなーとか、
もっとしてあげられることがあったんじゃないかなーと思っていまします。

>最期が飛行中だなんて、文鳥冥利に尽きますね

本当ですよね(笑)
ブンちゃんらしい最期だったと思います。

みじゅさんちのワンコちゃんには、うちのブンちゃんの分も元気で過ごしてもらいたいです。


>最近アップされている六花亭のケーキ

実は、かねてより気になっていた六花亭の予約限定発売「おやつ屋さん」に初チャレンジ。
2月はバレンタインがあるのでチョコレート系のおやつでした。
お買い得感炸裂なので、おススメですよ。

むぎ, 2015/04/05 11:42 AM

文鳥ちゃんたちのブログも読みたくなり、読みました。
泣いてしまいました。
この1年間で、私の実家の長老猫が虹の橋へ、
いま一緒に住んでる彼氏の愛猫が虹の橋へ、いってしまいました。
とてもつらい1年間でした。
辛すぎて、実家の長老猫が亡くなって数日後に急性胃炎になってしまい水一滴も飲めなくなったりしました。
本当に家族がいなくなるって、辛い。
ナオロマツさんのブログを読んでいると、
いま二人暮らしの私たちの生活に小鳥もいいな、と思ったりしますが
やっぱりいなくなってしまうことの悲しさや辛さが先行してしまい、
彼氏に至っては二度と猫は飼わない、って言ってしまってます。
私の実家にはまだ6匹の猫たちがおり、
上は14歳から、下は1歳までです。
みんな拾われた野良出身だったり、
獣医さんでもらってくださいって言われたりの猫たちです。
長老猫ちゃんは、20歳まで頑張ってくれたんです。がんばりました。

文鳥ちゃんって、手の中に入ってきたり、
袖の中に入ろうとしたりするんですね。
小鳥のそんなところ、激しくかわいいです。
昔うずらを飼っていたとき、
その子を大きな籠から出す時は人間が素足だと、
なぜか足の甲を噛む、という変な癖がありました笑。
うずらのピーコちゃんも、かわいかったな〜。
小鳥ちゃん、いいな〜。

ナオロマツ, 2015/04/05 12:48 PM

むぎさんへ♪
コメントありがとうございます。
お互いにかわいいペットとの別れを経験していたんですね…。
ブンちゃんが亡くなった知らせの翌日は体調不良(発熱)で仕事を休んでしまいました。
私もまだまだ思い出すと悲しい気持ちになってしまいます。

むぎさんちの猫ちゃんもたくさん愛されて幸せな猫人生でしたね。
彼氏さんの猫ちゃんも幸せ猫ちゃん。
どちらの猫ちゃんも虹の橋の向こう側から見守ってくれていると思います。

我が家もまだ次の家族(ペット)を迎える心の準備ができていません。
毎回、ペットのとの別れはとてもつらくてしばらく引きずってしまうのですが、
ペットとの生活を思い起こすと日々の生活に潤いを与えてくれて、
カード会社のCMじゃないけど、その存在はプライスレス!
本当に愛おしかったです。

>文鳥ちゃん
>小鳥のそんなところ、激しくかわいい

小鳥ちゃん。可愛いッスよ〜。
我が家は母の文鳥飼育歴が長いため文鳥びいきですが、
鳥種を選べばとても長いお付き合いができるんですよ。
文鳥は長くても10年前後の寿命なのですが、
オウム系だと20年〜60年の寿命の子がいます!
その他ではアヒルを飼っていた人の話を聞いても可愛らしさにメロりました。
もし私に子供がいたら、成人式のお祝いに寿命の長いオウムをプレゼントしたいぐらいです(笑)










trackback
url:http://naoromatsu.jugem.jp/trackback/916